加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 横浜からバンクーバーへ! | main | ホッケータウンの饗宴 >>
2019.05.25
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2008.09.25
ベールを脱ぐチャイナシャークス!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アジアリーグの全7チームの中で、
ただ一つ、先週末に試合が組まれていなかった チャイナシャークスが、
先日の記事でも紹介しましたが、日本語の公式表記が、
「中国シャークス」から、正式チーム名称の「チャイナシャークス」に改まりました)
今夜の日光バックス戦で、5日遅れの開幕を迎えます。

NHLのサンノゼ シャークスとの業務提携によって、チームの強化を目ろみながら、
昨季は、わずかに3勝しか上げられず、最下位に終わった反省から、
今季は、積極的な外国人選手の補強とともに、
中国黒龍江省の省都 ・ハルビンの北西にある 綏化(スイファ)市で、トライアウトキャンプを実施。

その中から選ばれた中国人選手と、外国人選手を併せた、
29人の開幕ロースターを発表 したシャークスは、
上海に移動して、新しいホームアリーナの 松江大学城体育中心 での最終調整を終え、
2年目のシーズンに船出します。

そこで、加藤じろう直営!「語りべ」通信では、今季もチャイナシャークスを率いる、
デレック ・アイスラー ヘッドコーチに、話を聞きました!

──────────────────────────────────────────

▽「語りべ」
「今季は始動を早めて、約1ヶ月にわたって、キャンプを行なったそうですが、
チームの状況はいかがですか?」

▼アイスラーHC
「かなりタフなメニューを消化してきましたから、
次の挑戦へ向けての準備は、出来ていると思っています」


▽「語りべ」
「次の挑戦という言葉が出ましたが、今季の目標を教えてください」

▼アイスラーHC
「我々の目標は、至って簡単です。プレーオフに出る。
そして、アジアリーグで優勝することです」


▽「語りべ」
「では、その目標を達成するためには、何が大事だとお考えですか?」

今季もチャイナシャークスを率いるデレック・アイスラー ヘッドコーチ▼アイスラーHC
「今季に限らず、いいスタートを切ることは、とても大事です。
昨季も、スタートは悪くなかったのですが、
好調を持続することができませんでした。
ですから今季は、最初のバックスとのシリーズで、
まず いいスタートを切ること。
そして、それを持続することが大切です。
そのためには、試合の中で、選手たちが感情をコントロールして、
チームのためにプレーすることが必要です」


▽「語りべ」
「その他にも、今季のシャークスに必要なことはありますか?」

▼アイスラーHC
「得点力のアップが、キーポイントになるでしょう。
昨季は、1試合の平均得点が、たった2点(30試合の総得点63)でしたから、必須課題です。
我々のチームが目指すスタイルは、サンノゼ シャークスと似ていて、
組織的かつ、規律のあるプレーが必要です。
それに加えて、クリエイティブで、闘志のある選手を求めていましたが、
今季は、新しい選手も加わって、チームの選手構成が改善されたので、
昨季よりもスピーディーに、相手ゴールへ向かうオフェンスを展開していくつもりです」


▽「語りべ」
「新しい選手に関してですが、トライアウトキャンプで、目を引かれた選手はいましたか?」

アイスラーHC期待のワン・チョンウェイ選手▼アイスラーHC
「FWの ワン ・チョンウェイ ですね。
(#9 王崇偉 19歳 171cm 75kg チチハル出身)
トライアウトキャンプでは、際立ったプレーを見せてくれました。
GMのクリス ・コリンズも、同じように高く評価しています。
これからずっと、アジアリーグで活躍することができる選手だと
我々は期待を寄せています」


▽「語りべ」
「新戦力といえば、昨季は1試合平均5.3失点と、リーグワーストだっただけに、
NHLでプレーした経験もある GKの ウェド ・フラハティ 選手への期待が、大きいと思いますが…」

不惑の守護神 ウェド・フラハティ選手▼アイスラーHC
「今の考えでは、開幕から20試合目くらいまでは、
彼を先発に起用していくつもりです。
40歳という年齢を心配されるかもしれませんけれど、
問題ありませんよ。
ただ、その一方で、彼にはコーチとしての役割もありますから、
シーズン中盤以降は、試合の勝敗と、選手の成長という面から、
トータル的な判断をしていくことになると思います」


▽「語りべ」
「最後に、日本のファンの人たちへのメッセージを、お願いします」

▼アイスラーHC
「昨季は、我々のチームを応援してくださって、ありがとうございました。
我々が描いている確かなプランによって、チームは成長していますので、
今季は、皆さんに楽しんでいただける試合を、お見せできると思います。
ぜひ これからも、我々とアジアリーグを、応援し続けてください」


──────────────────────────────────────────

チームの体制変更が決まったのが、開幕のわずか一週間前だった昨季とは、打って変わって、
今季は、準備万端の様子の チャイナシャークス。

プレシーズンゲームの「アニャンカップ」で見る限り、
まだまだ発展途上中という印象を受けましたが、
アイスラー ヘッドコーチの言葉からは、確かな手応えが感じられるだけに、
いよいよベールを脱ぐ、2年目のチャイナシャークスの戦いは、必見ですね!
アジアリーグ | comments(6) | trackbacks(0)
2019.05.25
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
>>選手たちが感情をコントロールして

コレができるようになれば、シャークスは本当に台風の目どころか「脅威」になりますよね。

今日はサスガに行けませんが、週末はたっぷり観戦してきます。席はバックス応援席ですが(笑)
| といぞう | 2008/09/25 14:44 |
岡選手は漏れたようですね。

40歳ですし。最終先行に残っていたようなので気になりました
| truill | 2008/09/25 17:37 |
岡選手はアジアリーグサイトでは入っているようです。

シャークスサイトではないように感じました。
| truill | 2008/09/25 20:09 |
色々と材料が出ていて期待しているのですが…
浩沙の方が強かった様な気がするのは、私だけでしょうか?
選手の中にある『ハルビン』と『チチハル』(一部『ジャムス』も?)が抜けていないような気がします。

プレーオフ争いを盛り上げ、リーグのレベルを上げる為にも頑張って欲しいです。
| トシチャン | 2008/09/25 22:36 |
シャークス初戦、3点差からの逆転負けでしたね。
週末の2連戦の結果次第ですが、今日の負け方はいまいちかと。
上海開幕は西武戦ですから、それまでに良い方向に行ってもらいたいですね。
| マサハル | 2008/09/26 01:04 |
皆さん、コメントありがとうございます!

>といぞうさん
「感情のコントロール」というキーワードが、
シャークスにとっては、悪いほうに当たってしまった試合でした。
第2ピリオドに、不必要な反則が続いてしまったことを、
アイスラーHCは悔やんでいたので、週末の試合は修正できるか注目ですね。

>truillさん
岡江輝選手は、チャイナシャークスのHPには、
中国名のWANG JIANGで掲載されていますよ。

>トシチャンさん
おっしゃったように、かつての悪い部分が出てしまった面もありましたが、
第1ピリオドは、運動量で圧倒していましたし、いい面も見せてくれていたので、
今後の成長に期待ですね。

ちなみに、本文で紹介したワン・チョンウェイ選手は、
19歳のルーキーながら、アイスラーHCからアシスタントキャプテンに大抜擢されました。
週末の試合は、初戦で出られなかった選手を起用するそうですし、
いろいろとチーム改革を進めているようですよ。

>マサハルさん
3点リードからの逆転負けは、イマイチどころか、イマニ、イマサンですね(笑)
第2ピリオド以降は、ペナルティが続いたこともあって、明らかに走り負けていたことと、
アイスラーHCも認めていましたが、バックスのGK橋本選手のプレーのほうが、
フラハティ選手よりも、完全に上回っていたのが要因だと思います。

余談ですけれど、上海のアリーナは、8000人収容だそうで、
NHLでのコーチ経験もあるアイスラーHCや、ECHLでプレーしていたビーマン選手も、
「スゴイアリーナだ!」と大絶賛していましたよ。
| 「語りべ」 | 2008/09/26 02:57 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/550
トラックバック
__