加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 浜崎貴司さん 初観戦! | main | ゴールデンアムール同窓会<6> >>
2005.11.20
ハルラに何が起こったか !? <3>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

昨日、今日と、新横浜プリンスホテルスケートセンターでは、
アジアリーグの横浜集結シリーズが行われ、国内の4チームが激突!
白熱した試合の連続で、
満員となったスタンドからは、大きな歓声が沸きあがっていました。

「語りべ」は、今回の集結シリーズで、イベントMC をさせてもらいましたが、
リンクで、本当にたくさんの方たちから、
「ブログを見てますよ!」と声を掛けていただきました。

「皆さん、ありがとうございました!」

ところで、声を掛けてくださった皆さんの声を聞いてみると、
予想以上に、海外チームの情報を楽しみにしている方が多かったので、ビックリ!

そこで、今日と明日は、「語りべ」の下に届きたてホヤホヤの、
海外チーム情報を、お伝えします。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジアリーグと並行して、先月末から、
韓国では、「総合選手権」が開催されました。

ハルラ対カンウォンランド日本の「全日本選手権」にあたる、この大会は、
アジアリーグに参加している、ハルラとカンウォンランドに、
大学チームを加えて行われていましたが、
今日、行われた試合で、
ハルラが逆転でカンウォンを下し、優勝を飾りました!

スコアを見ると、4−3(0−1、1−1、3−1)と接戦でしたが、
今日の試合は、フルメンバーだったカンウォンに対して、
ハルラはチームの方針で、4人のチェコ人選手と、瀬高哲雄選手を休ませて、
韓国人選手だけで戦ったそうです。

見事に、韓国ナンバーワン! に輝いたハルラですが、
瀬高選手によれば、「チームのみんなが、あまり喜んでいない」とのこと。

というのも、かつてハルラの監督も務めた、キム・セイル団長が、
「メインはアジアリーグだ」と常々話しているように、
ハルラにとって、この大会は通過点に過ぎなかったようです。

そのハルラは、中国に乗り込んで、23日から28日まで、
ハルビン、チチハルと対戦。

横浜集結シリーズで、現在5位のバックスが、
実に3季ぶりに、国内チーム相手に連勝して、勝点6を加えているだけに、
追いかけるハルラも、中国遠征4連勝と意気込んでいるようです!

ちなみに、韓国総合選手権の最終順位は、
優勝・ハルラ。
準優勝・延世大学。
延世大にも0−1で敗れてしまったカンウォンは、3位で全日程を終えています。

韓国情報に続いて、明日の、加藤じろう直営「語りべ」通信では、
あの、ロシアのイケメン選手の近況をお伝えします! お楽しみに !!
ハルラに何が起こったか !? | comments(2) | trackbacks(0)
2018.02.16
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
総合選手権情報、ありがとうございます。
やはり、アジアリーグで揉まれたことが
ハルラを強くしたのでしょうか。
(元々、ハルラは韓国で最強チームだったと
雑誌かパンフかwebのどちらかで見た記憶もありますが)
| KOW | 2005/11/21 16:48 |
KOWさん、コメントありがとうございます。
ハルラが、アジアリーグに参戦してから、急速にレベルアップしたように、
カンウォンも、数年後には、優勝争いを演じるかもしれませんよ。
| 「語りべ」 | 2005/11/22 18:23 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/57
トラックバック
__