加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< あの時、着ることができなかったジャージ | main | 前向きモードのキャプテン >>
2009.01.12
ラビッツクラシックを見て思ったこと
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。
シーソーゲームを制したラビッツの勝利
昨日、西東京市東伏見のダイドードリンコ アイスアリーナでは、
ラビッツクラシック」と銘打たれた、
SEIBUプリンスラビッツ vs 王子イーグルス6回戦が行われました。

試合は、二転三転のシーソーゲームとなりましたが、
4−3のスコアで、ラビッツが勝利!
4点差で黒星を喫した前日のリベンジを、果たしました。
初雪が降ったり、強風が吹き荒れたりした、ここのところの悪天候とは打って変わって、
昨日の東京地方は、朝から穏やかな冬晴れとなり、絶好のお出掛け日和!
のはずだったのですが、東伏見での試合観戦の際に、多くの人が利用する西武新宿線が、
車両故障によって運行停止に…。

西武線運行停止のアクシデントがありながらスタンドは満員に
そんなアクシデントがあったにもかかわらず、
満員となったスタンドを前にして、、、
    「指定席のチケットが売り切れてしまって、
    キツキツの通路に立ちながら、
    試合を見ていたことがあったなぁ…」

と学生時代の記憶が蘇ってきたり──
白い西武と赤い王子のジャージは東伏見のリンクになぜだかハマる(?)
白い西武と、赤い王子が、
揃って練習している姿を目の当たりして、、、
    「この2つのジャージが揃うと、
    なぜだか東伏見のリンクにハマるなぁ…」

という思いが浮かんできたり──
藤田選手より号泣していた心優しき栗林イクイップメントマネージャー
試合終了後の藤田選手の引退発表セレモニーで、
メッセージを読み上げる藤田選手本人よりも、
通訳をした栗林豊イクイップメント マネージャーが、
大粒の涙を流していたのを見て、、、
    「西武鉄道時代から、同じチームで、
    ともに戦ってきた “Hockey Family” は、
    熱い友情で結びついているんだなぁ…」

ということを、 あらためて感じさせられて、
何だか、うれしい気持ちになりました。


この笑顔に、また会うことができました!しかし、それより何より「語りべ」が、うれしかったのは、
リンクで、しばらく見掛けなかった人たちと、また会えたこと!

西武鉄道を応援していたファンの人たちは、
6年前をもって、チームがコクド(現ラビッツ)に吸収される形で、
その歴史にピリオドを打ってしまってから、
なかなか見掛けられなくなり、
元気なのかな? と思っていた人も、多くいらっしゃったのですが、
そんな人たちとも、また会うことができました!

「東伏見のリンクから、ホッケーの灯が消えようとしているのは、とても残念に思います。
これからも東伏見でホッケーが見られることを、願っています!」

試合後に行われた藤田選手の引退セレモニー試合後の引退発表セレモニーで、
藤田選手は、ファンの人たちに向かって、
こんなメッセージを残しました。

彼の言葉を耳にして、
ホッケーによって、知り合うことができた人たちと、
ホッケーによって、
また出会えた人たちがいるということを、
あらためて感じさせられました。

ラビッツクラシックを見て思ったこと、それは やっばり、この言葉です。

            「LOVE HOCKEY !!」

★本日の小ネタは…
ラビッツクラシックでは、いつも着ている青色のホームジャージではなく、
白と赤の西武鉄道カラーのジャージで、試合に臨んだとあって、鈴木貴人キャプテンによれば、
「試合前に、お前は似合うとか、アイツは似合わないとか、みんなで言い合ってました(笑)」とのこと。

ちなみに、キャプテンの目から見た、最も似合っていた選手は、「やっぱりライアンですね」
と話してくれたように、藤田選手を筆頭に、西武鉄道でプレーしていたことがある選手たちにとっては、
かつて着慣れていたジャージとあって、どの選手も違和感がなかったようです。
     西武鉄道でプレーしていた選手たちと栗林イクイップメントマネージャー

対して、コクド出身の選手たちの姿には、やっぱり ちょっと違和感が…。

そこで、ちょっと似合っていなかった(?)選手も、キャプテンに選んでもらったところ、
「2番と、5番ですね (あえて名前は紹介しません。悪しからず)」
と言って、笑っていましたが、この言葉に続いて、
「自分も、この二人と同じ世代に、近づいてきてしまったので、
あまり他人のことは、言えませんけれど」と、今度は苦笑い。

白と赤のジャージも似合っていた(?)鈴木選手前述の二人が似合っていたかどうかは、ともかくとして(笑)
白と赤のジャージに袖を通した鈴木選手の姿も、なかなかのもの!

「全日本選手権や、プレーオフもありますけれど、
その前に、今年もレギュラーリーグを、1位で終えられるように!」
という目標に向かって、次の試合から、再びラビッツジャージで試合に臨む
鈴木キャプテンの活躍に、期待したいですね。

尚、ラビッツクラシックの模様は、EXスポーツ と、ひかりTV で中継が、
Jスポーツの「NHLアイスホッケー」では、今週の放送でダイジェストが、
それぞれ放送される予定です。
前略、「語りべ」より | comments(15) | trackbacks(0)
2020.03.04
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
今日のスポルトでも試合の映像が流れてましたね。
結構詳しくやってました。地上波では久しぶりではないでしょうか。
やはり、このチームは日本のアイスホッケーを愛するすべての人のためにも存続しなくてはならないと思います。
そして、西武・・・小さい頃苫小牧のリンクで王子vs西武の試合を西武ファンの友達と王子ファンの私が必死に応援していたのを思い出しました。
大人になって分かりましたが、西武のユニフォームはデトロイトがベースですよね。でも歴史は、少なくても私の中ではあの白赤は「西武」でした。
昔の思い出に胸躍らせることができてうれしい反面、コクド(ラビッツ)もそうなってしまうのかと思ってしまうだけで非常にやるせなくなってしまいます。

| パチンドランカー | 2009/01/12 00:49 |
残念ですが現地に行くことは出来ませんでした。しかしじろうさんのブログで雰囲気を味わうことが出来ました。ありがとうございます。CS放送を楽しみにします。
プログを見ながら私自身もいろいろと思い出しました。私もじろうさんほどではありませんが、ホッケーと出会ってからずっと私なりのLOVE HOCKEYで来ましたし、これからも(出来れば死ぬまで)LOVE HOCKEYでいたいと思います。
| くま三郎 | 2009/01/12 07:05 |
昨日は、本当に面白い試合でしたね。
初観戦の友人を連れて行きましたが、楽しんで貰えた様です。

少し残念だったのが、西田さんが救急車で運ばれてしまった事。
折角、往年のアナウンスが聞けて、喜んでいたのに、
左手を吊って担架に乗せられて退場される姿を見て、
残念であると共に、ごめんなさい、と思う気持ちで一杯でした。
連盟には、運営について反省して戴きたいと思います。
西田さんは少しでも試合観戦出来たのでしょうか?
| 団長 | 2009/01/12 09:15 |
初めてコメントいたします。
AL2年目からアイスホッケー観戦をはじめ、ようやく分かりかけてきたところで今回の西武の発表は大変残念でした。

観戦初年度、初めてプレーに目を奪われた選手が#40藤田選手でした。
神出鬼没、いつの間にかゴール前に現れ、いつの間にかゴールを決め、そしていつの間にか相手の攻撃を遅らせる、
そんなプレーに感嘆するばかり。

私は東伏見では空いているアウェーゴール側に座ることが多く、他チーム応援団の声をよく聞くのですが、藤田選手に対しては
「お前、審判と話す権利ないだろー」
などとCマークもAマーkも付いていないことへのヤジがよく飛んでいましたが、
この日の藤田選手は堂々とAマーク付けての出場でびっくり。

また、一緒に観戦している友人と、藤田選手のプレー中の厳しい顔とチームキャラのラビットを重ね合わせて、勝手に「NACK5」とも呼んでいました。
リンク内側の広告の絵柄とそっくりなので...

そんなプレー中は厳しい顔の藤田選手の、挨拶の時の柔和な顔、通訳の方の肩を叩く時の優しい顔は印象的でした。

まだ残るシーズン、見届けたいと思います。
| yossy134 | 2009/01/12 11:28 |
記念Face Offに若林兄弟が登場されることに気づいたのは当日の昼頃でした。アイスホッケーを特別に応援するようになって40余年 そのきっかけとも言える若林兄弟と西田氏の登場とあっては見逃すわけにはいかない!と思い立ち「西武新宿線全線運転見合せ」という困難を乗り越えて観戦 応援にでかけました。最近のどんな試合より超満員の観客に 改めて「西武」の名前を冠するチームかなくなってしまうことを残念に思いました。
ラビッツが西武鉄道や西武沿線を後ろ盾としつつ 東京のそして東伏見の地元のチームとして応援されるように さらに発展的存続してほしいと願ってやみません。
若林兄弟たちの活躍を応援していた私は我が子にアイスホッケーを薦め すっかりアイスホッケーにはまってしまった我が子は今 東伏見のリンクで育ったアジアリーグの登録選手です。
| ずっとファン | 2009/01/12 12:54 |
じろうさん、永久保存版にしたいような、素晴らしい記事を本当に、本当にありがとうございました。品川を思い出しつつ観戦しました、久々にみたメルさんの姿にも感激。そして特に王子が、首都圏ではもうみれないのかとおもった赤ジャージで登場してくれたのが感激でした。

関東チビ大会とあたっていなければ(うちのは低学年なのでいけましたが)、間違いなく3000人の大台に達していたでしょう。

アクシデント続出でしたが”艱難の功徳は大なるかな”ぢゃ。
このチームと、そして首都圏のアイスホッケーは、大勢のちびどもが元気な限り、未来は決して暗くないとおもいますよ。

これからもどうかホッケーをもりあげてくださいませ!!!
| デンじい | 2009/01/12 13:44 |
西田さんのアナウンスをもう少し聞きたかったし、近くで拝見したかったのに、西田さんを転ばせた軽率な行動のスタッフに怒りの鉄拳!です。(その瞬間はしっかりホームビデオに残してあります)

恥ずかしながらアジアリーグになって初観戦!となったのですが、まず東伏見駅周辺の変わりように驚きました。
ショップがクスリ屋さんになっちゃったのは、ホッケーに怪我が付き物だからか?(笑)

 場内はフェンスがとてもクリアになっていたのには驚きました。半透明のボードはオートフォーカスの敵でしたから、見るのは楽になりました。
 ただ試合中のアナウンスが少なくなって不親切に感じました。
「アイスィング」「オフサイド」は頭上の電光板に出るだけになってました。場内サービスはユニバーサルデザインの流れに逆行していませんかね。観戦暦の浅い人に優しいリンクになってほしいです。
| #2 | 2009/01/12 16:14 |
こんにちは、じろうさん。
まさかの西武新宿線の運行停止に「今年は当たり年だぁ」と開き直りながらも、内心イライラハラハラ…
やっとリンクに辿り着いた時には既に2ピリ10分過ぎでした。
記念フェイスオフやら西田さんのアクシデントやら、いろいろとあったようですね…ああ見たかった…

決して西武ファンではありませんが、やはり東京からチームがなくなってしまうのは耐えられそうにないです。ぜひ存続できるように心からお祈りしています。
| ゆうこ | 2009/01/12 17:26 |
こんばんは、じろう様
やっぱり白赤のユニは良いですねー!!
昨日は遠く異国より、気にしていたのですが、こんなに多くの
お客様が入って、なんか昔が懐かしくなりました。
そして、なんといってもじろう様に感謝は、あの方々の写真を載せて頂いた事です。
それは、クマおばさん!!(失礼しました)
西武鉄道時代、いつも元気に大きな声で応援されていた、あの方々を拝見出来て、なんか嬉しくなりましたし、あの頃は良かったなーと思ってしまいました。
私にお金と時間の余裕があれば、やっぱり行くべきだったと後悔しています。
でも、今回の企画は本当に良かったですね。
また、東伏見に行きたいな〜
| マサハル | 2009/01/12 22:25 |
じろうさん!記念に残るかたりべ通信ありがとうございます!
私達はドラッグストア付近で並んでいたので気付かなかったのですが、行列ハンパじゃなかったみたいですね!
試合も盛り上がりましたし(数々のアクシデントが残念でしたが)非常にいい1日を過ごせました!
家族でも赤ジャージが似合う、似合わないは話題になりやっぱり#5さんは似合わない…というより青が似合うね!と話していました(*^^*)
| みりおんまま | 2009/01/13 18:19 |
じろうさん、こんばんは。
ライアン(あえて藤田選手とは言いません)のセレモニーでの司会、
彼の経歴などを詳しくお話いただき、
元西武鉄道ファンとして、とても嬉しく思います。
王子とコクドの2強時代の終わりを印象づけてくれたのは、
ライアンをはじめとした日系人選手の活躍でした。
その当時を思い出させるような、白赤のユニフォームと、
通路がなくなるほどの大観衆と、
再び、会場に集まってくれた、西武鉄道のファンの皆さん。
最近の暗いニュースを忘れさせてくれるような、
とっても幸せな一日でした。
懐かしい思い出に浸れる、そんな一日を、
語りべ通信に書いていただき、ありがとうございます。

ところで、セレモニーで号泣してしまった栗林さん、
ご自身のブログで、
「先に泣いたのはライアンで、もらい泣き」
と、書かれていますが、
お近くにいらしたじろうさん、どちらが真実なのでしょうか?
| 自分ももらい泣き | 2009/01/13 21:42 |
ラビッツクラシック、沢山の西武鉄道ファンの方が観戦されたのですね…。

西武鉄道ファンと言えば、わたしは03年3月2日の霧降の最終戦が忘れられません。
霧降にはいつもの5倍くらいの西武鉄道ファンが来ていました。
試合が終わり、バックスファンが帰り始めた時、その西武鉄道ファンの方々からエールをいただきました。
当時のバックスは、試合の度にどのチームからもエールをいただいている状態でしたが、わたしがエールに泣いてしまったのはそれが最初で最後です。
西武鉄道ファンの方々は、自分たちの事は一言も言わず、ただただ「日光アイスバックスの存続と、更なる発展を祈念して!」とエールを下さったのです。
自分たちの愛するチームが多分なくなる、という時に、涙をこらえてバックスにエールを下さった心意気に打たれ、みんなの足が止まりました。
バックスファンも半泣きで、「来シーズンも、西武鉄道対日光アイスバックス戦が実現することを心から祈念して!」とエールをお返ししたのを覚えています。

あの日の霧降のみんなの願いは、叶うことはありませんでした。

今回の廃部発表で真っ先に思ったのは、あの日エールを下さった皆さんが、また悲しまなければならないのか、という事です。
わたしはあの日まで、バックスファンこそが日本一のファンだ!!と思っていました。(勿論今もその自負はあります)
でも本当は、どのチームのどのファンも、日本一のファンなんだ!という事を教えてくれた西武鉄道ファンの皆さん。
そしてラビッツファンの為にも、受け入れ先がありそうだ、という報道を、今はとにかく信じたいです。
| ともひ | 2009/01/14 04:51 |
皆さん、コメントありがとうございました!

>パチンドランカーさん
ここ10年くらいは、廃部報道以外で地上波に登場しないのは、悲しいですね。
応援し続けていらっしゃる方たちのためにも、歴史が続いていくことを願いたいです。

>くま三郎さん
「語りべ」よりもLOVE HOCKEY熱が、スゴイ人はたくさんいますよ(笑)
でも、程度の差こそあれ、その気持ちを持ち続けることで、何かができる!
と信じたいですね。

>団長さん
放送席からは死角になってしまっていたので、分からなかったのですが、
リンクへ降りた報道の方が転んで、赤じゅうたんが動いてしまったために、
アクシデントが起こってしまったと聞きました。
その方が謝罪されたのか否かは分かりませんが、
ラビッツのマネージャーさんは、そのまま病院に付き添われ、
また、翌日には、オーナー代行さんなどが、お見舞いに行かれたそうですよ。

>yossy134さん
はじめまして!
来日当時の藤田選手は、激しいプレースタイルだったので、
ずい分とヤジられていましたよね(笑)
でも、それも注目されている証。
“魅せる”選手がいなくなってしまうのは、残念です。

>ずっとファンさん
西武ブランドは、日本のホッケー界のシンボルの一つでもありましたから、
さびしい気は否めないですね。
息子さんのように、トップチームの存在が、次の世代を生んでいきますから、
首都圏のホッケーの灯が消えてしまわないことを、強く望みたいです。

>デンじいさん
コメントしてくださったとおり、“現場”のパワーが衰えなければ、
ホッケーの灯が消えることはないと思うので、
子供さんたちを教えていらっしゃる方々にも、ぜひ頑張って欲しいですね。

>#2さん
ファンサービスについては、いろいろと模索をされた上で、今の形になっているようですけれど、
ファンの人の声に耳を傾けて、進化していくことも必要だと思います。
それから、元西武の樺山選手が、クレインズに移籍してから、最初に東伏見に来た時、
「ドラッグストア !!」と言って、しばらく絶句していたことがありましたよ(笑)

>ゆうこさん
おっしゃるとおり、ホッケー界全体の問題ですよね。
それだけに、チームの枠を超えて、存続へ向けての努力をされている
各チームのファンの皆さんには、頭が下がります。

>マサハルさん
実は西武鉄道がなくなってしまってからも、
クマ姉さんたちは、観戦にいらっしゃっていて、何度かお会いしていたのですが、
(写真では見えないでけれど)西武スタイルでの応援は、久しぶりだそうですよ。
それとクマちゃんも、久しぶりの観戦でしたけれど、
「陽のあたる窓際に置いてあったので、ちょっと色あせちゃいました」
と笑っていらっしゃいました♪

>みりおんままさん
東伏見では、久しぶりの盛況でしたよね。
「赤が似合わないのではなくて、青が似合う」というのは、そのとおりですね!
参考になりました(笑)

>自分ももらい泣きさん
懐かしさも手伝って、「語りべ」も暖かい気持ちになりました。
ちなみに、「語りべ」が見たときには、もう二人ともウルウルしていましたよ(笑)

>ともひさん
丁度、その年の日光最終戦でしたよね。
当時の霧降のテンションは、普段からスゴかったですから、
「語りべ」も印象に残っています。
| 「語りべ」 | 2009/01/14 11:49 |
当日南スタンドにいました。昔よく聞いたあの懐かしい「西武ファイト〜」の声援、幻聴ではなかったんですね。
| ダブルマイナー | 2009/01/15 09:25 |
>ダブルマイナーさん

コメントありがとうございます!
「幻聴」ではないてすよ(笑)
クマ姉さんたちは、ずっと西武鉄道ベンチの上で、熱心に応援し続けてくれたことから、
チームから、「もし大変だったら、チケットの手配のお手伝いをしましょうか?」
との話があったにもかかわらず、
「私たちは、自分でチケットを買いますから!」と断って、
ずっと観戦されていたそうです。まさにファンの鑑ですね。
| 「語りべ」 | 2009/01/16 03:23 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__