加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 気になる結果は… | main | LOVE HOCKEYな人たち<4>デビューを飾ったウグイス嬢 >>
2005.12.01
バイキングスの気になる男たち<5>大黒柱・ナースバル選手
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

一昨日、昨日と、「語りべ」は、サントリー東伏見アイスアリーナで行われた、
コクド対ノルディックバイキングス戦の、イベントMC を務めさせてもらいました。

いつも試合前には、その日のプレゼントの内容や売店の案内。
さらに、すっかり東伏見名物となっている、
ネオ屋台村のインフォメーションなどをアナウンスしているのですが、
今回の連戦では、
「バイキングスが東京で試合をするのは初めてなので、ぜひ紹介してください」
というアジアリーグ運営委員の方からのリクエストもあって、
チームの簡単なプロフィールとともに、注目選手を2人ずつピックアップしました。

フレドリック・ナースバル選手その注目選手に、2日間とも「語りべ」が選んだのが、
バイキングスの大黒柱、#41フレドリック・ナースバル選手!

というのも、スウェーデンのトップリーグでもプレーしたスキルを披露して、
ここまでチームトップのポイントをマーク。
パワープレーになると、司令塔としてゲームメイクをしたり、
練習の時には、若手選手たちにアドバイスをしたりと、
まさに、バイキングスの大黒柱だからです!

そんなナースバル選手が、昨日の試合では、ナント! GKとして出場しました !!

ここまで8試合マスクを被っている、#71トンミ・ケラ選手が負傷してしまったため、
GKを2人しか選手登録していないバイキングスは、
国際アイスホッケー連盟のルールでも認められているとして、
昨日の試合は、バックアップGKをエントリーしないで、オールメンバー表を提出。

ところが、以前の記事でも紹介した、エースGKの#35ペーテル・アンデション選手が、
第2ピリオド終盤に選手と接触して退場。

一旦、休んだあと、そのピリオドの残り時間だけは強行出場したものの、
インターミッション中に診断を受けた結果、脳震盪のためドクターストップ。

こうしてGKが誰もいなくなってしまったところで、“志願登板” したのが、
誰あろう、ナースバル選手でした!

GK用の大きな防具をつけると、自分のユニフォームでは小さいため、
ケガをしたケラ選手の71番のユニフォームと、
アンデション選手のマスクを被ってリンクに登場。

ゴーリー姿で登場したナースバル選手第3ピリオドの開始直前に、オフィシャルアナウンサーから、
場内のファンに、GKの交代が伝えられると、
スタンドからは大きな拍手が沸き起こりました!

ところで、肝心のGKナースバル選手のプレーぶりですが、
これが、なかなかどうして! かなりイケていました !!

GKとしてプレーする、フレドリック・ナースバル選手結局、ナースバル選手は、
神野徹選手にゴールを決められてしまったものの、
3本のシュートを危なげなくブロック。

試合終了後には、予想外の(?)好セーブを見せたナースバル選手に、
またしても、大きな拍手が浴びせられていました!

そんなナースバル選手に話を聞くと、
「ストリートホッケーでなら、GKをやったことはある」そうですが、
アイスホッケーの公式戦にGKとして出場したのは、「初めて」だったと教えてくれました。

しかし、試合は1−7と大敗。
今回の2連戦でも連敗を喫してしまい、これでコクドには4戦全敗。

しかも、大差をつけられたせいか、中盤以降は、誰もが精彩を欠いたプレーの連続。
東京のファンの前で、いいところを全く見せられませんでした。

全選手が顔を揃えたのは開幕直前という、
急造チームの弱みを露呈してしまった感さえありましたが、
それでもナースバル選手は、
「このチームのいいところは、大きな選手が多くて、みんなが強い気持ちを持って戦っていること」
と気丈に話してくれました。

12月には、全く試合が組まれていないため、
バイキングスの選手たちは、一旦、北京に戻ったあと、
北欧で、それぞれクリスマス休暇に入るとのこと。

「信じられないくらい寒いところだけど(笑)、リラックスできるよ」
と話すナースバル選手も、
ストックホルムから車で北へ10時間行ったところにある、ボーデンという町に帰るそうです。

「アジアリーグでプレーすることを選んだ理由?
日本のチームは、いいホッケーをするって聞いていたこともあるし、
何より新しい場所でプレーすることは、自分にとって素晴らしい経験になるからね」

こう口にしたナースバル選手が、
1月から再び始まる戦いの中で、
どのようにして、急造チームを引っ張っていくのか?

バイキングスの大黒柱のリーダーシップに注目です!
バイキングスの気になる男たち | comments(4) | trackbacks(1)
2018.02.16
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
貴重な試合でしたね〜
京都の試合を観た時もアンデションの動きは噂で聞いていたものより悪かった印象がありました。シュート打たれたら、すぐ座ってしまうのは今時の子って感じでした。
| りやう | 2005/12/02 02:03 |
二日間、MCお疲れ様でした。
【ゴーリー】ナースバル選手の様子を熱心に取材されてる姿、
横からほほえましく観察させて頂きましたw

それにしても二人も怪我をしてしまって、バイキングスの
今後が心配ですね。
12月に試合がないのがせめてもの救いですか…。
| kaz | 2005/12/02 10:32 |
こんにちは。コメントありがとうございました。

>りやうさん
「すぐ座ってしまうのは今時の子」って笑えました!
それより、りやうさんは、「今時の子」って言うほどの “おっちゃん” じゃないでしょ !?

>kazさん
「熱心に取材されてる姿、横からほほえましく観察させて頂きましたw」
…。全然気づきませんでした。面目ないです。
お詫びに、ここでは書くことができなかった、某元GKのコメントを、
kazさんのページに、コメントさせてもらいます!
| 「語りべ」 | 2005/12/02 11:22 |
本当にナースバル選手とホルムクビスト選手にも注目です。
あまり関係ないかもしれませんが、アジアリーグのキーパーランキングにナースバル選手の名前がないです。
| klose | 2005/12/04 01:31 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/64
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2005/12/02 10:11 |
__