加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 速報!アジアリーグニュース 〜アニャンハルラが緊急補強!〜 | main | 3度目の没収試合 >>
2009.12.04
最強コンビをお見逃しなく!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

先月21日〜29日まで、釧路と苫小牧で熱戦を演じた アニャンハルラに続いて、
今度は High1(ハイワン)が、今季二度目となる日本への遠征に臨み、
明日から、東北フリーブレイズと、日光アイスバックスを相手に、6試合を戦います。

ハルラの北海道遠征の前には、2年目ながら、アジアリーグを代表する選手となっている、
#1 キム ・ギソン 選手と、#36 パク ・ウサン 選手の “ゴールデンコンビ” を紹介しましたが
High1にも、見逃すことのできないコンビがいます。

それは、#21 ティム ・スミス 選手と、#79 アレックス ・キム 選手です!

2年ぶりにHigh1に戻ってきたティム・スミス Tim smith 選手NHLの バンクーバー カナックスから、
ドラフト指名された経験もあるティム ・スミス選手は、
3季前に韓国へやってくると、抜群の得点センスを発揮して、
2年連続得点王や、ベストオフェンシブFW賞を獲得。

しかし昨季は、活躍の場を、ヨーロッパに求めたものの、
契約を結んだドイツのチームが、
「途中でなくなってしまって、サラリーをもらえなかった」
というシビアなシーズンに…。

そのため、このオフには、再び High1との契約に至って、
2年ぶりに、アジアリーグでプレーをすることとなりました。

「以前は、怒りっぽかったけれど、結婚してから、ずい分と落ち着きましたよ(笑)」
チョン ・ジホ トレーナーの、こんな言葉が物語るように、
2度目となるコリアンライフは、奥さまと一緒の時間も多いせいなのか、
「韓国の料理は、辛すぎてダメ」 だと苦笑いしながらも、かなりエンジョイしている様子。

「今日は、いくつゴールを決められそう?」と聞くと、
いつも決まって、「2点くらいかな(笑)」(ハットトリック! と言わないのが奥ゆかしさ !?)と答え返す、
今季のティム ・スミス選手の穏やかな表情は、とても印象的です。

韓国人としてオリンピックに出場することを夢見ているアレックス・キム Alex Kim 選手一方、アレックス ・キム選手は、1年遅れて、
一昨季から、High1の一員となりましたが、
こちらも負けじと、いきなり最多得点、最多ポイント、
さらに、ベストプレーメイキングFW賞を受賞しました。

ご両親は韓国人ながら、
生まれ育ったアメリカの国籍を持つアレックス ・キム選手。
以前の記事でも紹介したように、
キム ・ヒウ監督から誘いを受けたあとも、
NHLでプレーする夢を断ち切れず、2年間 北米でプレー。

しかし、今では日本語の勉強も始めたりするなど、
アジアでプレーすることを、楽しんでいるようです。

それどころか、地元メディアの取材に対して、
「もし、ピョンチャン(2018年冬季オリンピック開催地に立候補している韓国北部の都市)で、
オリンピックが開催されるのなら、韓国代表の一員としてプレーしたい。
そのためだったら、国籍を取得する時に、兵役義務を負わされても構わない」
と話すなど、韓国でホッケーキャリアを全うする心意気さえ、感じられます。

そんな二人は、一昨季に同じラインで起用されると、
息の合ったプレーを披露して、揃って得点王を獲得。
ティム ・スミス選手と、アレックス ・キム選手だけで、
実に総得点の4割をゲットして、High1をレギュラーシーズン2位に導いた、まさに “最強コンビ”!

今季は、二人の息のあったプレーが、2年ぶりに見られると期待されたものの、
「新戦力も加わって、優れた選手が増えてきたので、いろいろなラインを試したい」
というキム ・ヒウ監督の考えから、別々のラインで開幕を迎えました。

しかし、スタートダッシュに失敗して、1勝4敗となったところで方向転換。
10月6日の試合からは、二人が同じラインでプレーし始めると、
その後は、10勝6敗と白星が先行。
中盤戦以降は、プレーオフ進出圏内(上位4チーム)の順位を、キープしています。

さらに、現在のオフェンス部門の個人ランキングに注目すると、、、
    ティム ・スミス選手  15ゴール(2位) 32アシスト(1位) 47ポイント(2位)
   アレックス ・キム選手 22ゴール(1位) 26アシスト(2位) 48ポイント(1位)
というように、この二人で、個人タイトルを、総なめにしそうなほどの大活躍!

明日からは、6位のフリーブレイズ戦と、5位のバックス戦という、
プレーオフ進出へ向けての大事な試合が続く上に、
#11 トレバー ・ギャラント 選手が、負傷中とあって、
ティム ・スミス選手と、アレックス ・キム選手の活躍が、
試合の行方を大きく左右するのは、間違いなさそう。

それだけに、High1が誇る “最強コンビ” のプレーは、見逃せませんね!

尚、High1のゲームスケジュールは、こちら で、ご覧になれます。

今回の日本への遠征のうち、「アジアリーグ初の郡山(福島県)シリーズ」となる
5日(土)、6日(日)、8日(火)のフリーブレイズ vs High1 の3連戦では、
場内FMがオンエアされる予定です。

磐梯熱海アイスアリーナで観戦予定の方は、ぜひラジオを持って、お出掛けください!

◆photo by YONSU
アジアリーグ | comments(6) | trackbacks(0)
2018.11.20
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
この二人ダントツですね。

このままではデレクプラントの38試合制ながらシーズン75ポイントを越えるかもですね。

年齢的に厳しいですが平昌オリンピックでキム選手見てみたいですね
| truill | 2009/12/05 00:31 |
じろうさん、皆さんおはようございます。
truillさんのご指摘通りこの2人は凄いですね。
来週の試合を日光で見たいと思います。日光にとってはかなり強敵ですが、頑張って欲しいですね。
| iceb55 | 2009/12/05 08:55 |
コメントありがとうございます! 返事が遅くなってしまって申し訳ありません。

>truillさん
最強コンビと呼ばれる、この二人のプレーを見ていると、
どこまでポイントを積み重ねていくのか、楽しみになりますよね。

>iceb55
3連戦の初戦は、残念な結果となってしまいましたが、
週末の2試合は、ファンの期待に応える試合を期待したいですね。
| 「語りべ」 | 2009/12/11 03:30 |
アレックス・キム選手はもはやアジアを代表するきわめて決定力の高いスナイパーとおもいます。いわゆる「嗅覚の鋭さ」を感じさせてくれる選手とおもいます。それにしても韓国の好選手みるのは楽しみなんですが、このシリーズがバックスにとってはプレイオフへの天王山かなとおもってましたのでライバルとの直接対決を制せずやっぱり無念ですね。。。
| デンじい | 2009/12/12 21:03 |
今日、霧降での第二戦を見てきました、やっぱり生ホッケーは最高ですね!!じろうさんの書かれたプログラムの記事の一つ、韓国ホッケーの現状についても勉強させていただきました。なので今回はhigh1に注目してました、スミス選手も、キープ力もあり周りが見えているのでいい選手なのですが、アレックスキム選手はいい選手ですね〜。アジアリーグでも、あそこまで力を入れてしっかりワンタイマーが打てて、ドライブもできる選手はあんまりいないでしょうし、なにより視野が広いですね!!パックが近くなると周りをキョロキョロとよく見ているのも印象的でした。
| しょうへい | 2009/12/12 22:31 |
>しょうへいさん
コメントありがとうございます!
オフシャルプログラムの原稿も、ご覧くださって感謝です!

High1の最強コンビは、スキルの高さはもちろんのこと、
試合中も、プレーの確認など、よくコミュニケーションをとっていますよね。
書き込んでくださったように、選手の仕草などは、実際に会場で見ないと分かりませんから、
またお時間を見つけて、「生ホッケー」を楽しまれてくださいね!
| 「語りべ」 | 2009/12/14 23:57 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/802
トラックバック
__