加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Non stop CAPS !! | main | フリーブレイズのキーマン >>
2010.02.11
長野カップ開幕!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

いよいよ今日から、1998年のオリンピックの舞台となったビッグハットに、
日本、デンマーク、スロベニア、カザフスタンの4ヶ国が集まって、
国際アイスホッケー大会「長野カップ2010」が、開幕します!
   長野カップ2010の舞台となるビッグハット

シニア代表が参加する長野カップが行なわれるのは、3年ぶりとなるのに加えて、
国際アイスホッケー連盟の世界ランキングで、
日本よりも上位にランクされている “格上” の国が来日しているとあって、楽しみなところですが、
気になるのは、日本の選手たち。

日本代表の マーク ・マホン ヘッドコーチによれば、
デンマーク、スロベニア、カザフスタンの各国には、
「ヨーロッパのトップリーグでプレーしている主力選手たちが揃っている」 のに対して、
日本は、各チームの中心選手として、アジアリーグで活躍中の、
齋藤毅 選手(王子イーグルス)や、小原大輔 選手(日本製紙クレインズ)らが、
ケガなどによって、出場を辞退することに…。

しかし、マホンヘッドコーチは、代わりに出場することになった若手選手たちに注目!

レギュラーシーズン中盤以降、第1セットのウイングに起用されていた、
東北フリーブレイズの 河合卓真 選手を、引き合いに出して、
「サイズもあるし、フィジカルなプレーができる選手。
きっと(長野カップが)いい経験になるはずだ」
と話していたように、若手選手たちのプレーに、期待を寄せています。

河合選手と同じように、レギュラーシーズン終盤は、
第1セットのウイングとしてプレーしていた、イーグルスの 石塚武士 選手や、
故郷の長野に凱旋する High1の 上野拓紀 選手。

さらに、今大会の日本代表では最年少の 重野駿佑 選手(中央大学)をはじめとした、
4人の大学生プレーヤーなど、
次の日本のアイスホッケー界を担うと目される、若手選手たちが、
どんな活躍を見せてくれるのか、注目されますね。

尚、長野カップの日本代表メンバーは、こちら を。
試合とシャトルバスのスケジュールは、こちら を、それぞれチェックしてください。

また、ビッグハットでは、場内FMの生放送が。
こちら のサイトでは、日本代表の全試合が、オンデマンド放送されますので、
どうぞ お楽しみに!
アイスホッケー | comments(5) | trackbacks(0)
2017.11.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさん オンデマンドの実況お疲れ様です。

期待の河合君はトップラインで1アシスト記録しましたねぇ それもセンター起用とは

あとはシーズンで好調を維持していた春名も聞き逃しそうになりましたが25ショット1失点の24セーブで勝利に貢献してくれました。 明日は勝利チーム同士のカザフスタンですね。
| truill | 2010/02/12 00:49 |
じろうサン、「¥300のワンタン・スープ」のお味は、いかがでしたか。
長野カップお疲れさまでした。

いやいや、もう一日最終日が残っていましたね。ワタシは仕事で観れませんから残念です・・・。
初日、2日目とワタシのファッション・チェックもして頂き、ありがとうございました。FMラジオを
持参して、じろうサンの心地よい実況を聴いていました。

さて開幕戦のJPN vs SLOは3-1の勝利でした。しかしワタシは、相手をねじ伏せての勝利
という感じがしません。確かに春名選手も良く守って、FWは走り回って相手をかき回し、勝
利への気迫は感じたのですが・・・。「まだ相手のエンジンがかからないうちの勝利」のような
雰囲気でした。勝利は勝利でしたが、ワタシはいささか不安が残る印象でした。

そして第2戦目のKAZ戦は、その不安が的中してしまいました。両チームのシュート数を比
較する以前に、パックの支配率が決定的に違いましたねぇ・・・。「相手に押し込まれるのな
ら一発カウンターで」というのもアリですが、それもさせてもらえない状況でしたね。スコアは
1-3でしたが、スコア以上に力の差を見せつけられた格好です。

アジア・リーグの開催はTeam JAPANの強化の一環として重要な位置付けはもちろんです
が、こういったサイズが大きくリーチが長くてフトコロが深く、当たりの強いヨーロッパのチーム
との対策と強化が図られないと、世界と戦うには引き続きシンドイ状況に変わりがないという事
を意味します。まもなくバンクーバーが始まりますね。やはりオリンピック出場が狙える位の実
力が欲しいですね。この長野カップは貴重な国際大会です。財政的な問題などあると思いま
すが、毎年確実に開催して欲しいですね。そういう意味では今後の長野カップや新生・Team
JAPANについてあらためて考えさせられた大会でもありました。

ところで審判団をはじめ、アリーナの関係者たちなど大会を影で支えるいろいろな人たちが
いますね。じろうさん、アナタもその「裏方の方」のおひとりだったのですね・・・。失礼しました。
いや、「ウラカタ ノ カタ・・・」、やっぱりオカシイです、この表現・・・・、ハイ。

| MASA | 2010/02/12 23:38 |
こちらのブログコメント欄でははじめまして。
いつもリンクであいさつをさせていただいております。長野でもお目にかかれて嬉しかったです。

今回の長野カップですが、カザフスタンのフィジカル面での充実がすごく目立っていたように思いました。

逆にデンマークの動きがあまり良くなかったような…

こういう(アジア以外の)国際試合を生で見る機会ってほとんどないので、次回以降の開催が気になります。

※本日、私の嫁が閉会式の旗持ちに選抜されちゃいました(苦笑)。
 お世話になります。
| 江戸っ子さちの旦那(半蔵門線ユーザー) | 2010/02/13 07:30 |
じろうさん、三日間お疲れさまでした。

久しぶりの国際試合を堪能できました。結果は残念と言えば残念でしたが、そうですよね!じろうさんの言ってた通りベストメンバーではなかったですしね…
このモヤモヤ感は来月の全日本選手権で晴らすことにします。


あ、ひとつ訂正を。
私「日帰りですか?」と聞かれて「三日間通いました」って答えましたが、正確には「こちらに泊まって三日間通いました」の方が正しいお返事でした…


それにしても鈴木キャプテンはサイン攻めでしたね♪バックスファンとしてはちょっと誇らしい気持ちでした。
| ゆうこ | 2010/02/13 23:11 |
皆さん、コメントありがとうございます!

> truillさん
河合選手はもちろんですが、春名選手の活躍も見逃せません!
敗れたカザフスタン戦も、春名選手の好セーブ連発がなければ、
もっと大差になっていたかも?
石川選手をはじめ、レベルの高い後輩たちの追い上げに負けじと、
これからも活躍し続けて欲しいですね。

>MASAさん
わざわざお声掛けくださっただけでなく、
FMの生放送を、ディープに(笑)聞いていただいて、ありがとうございます!
いろいろなご意見は、まさに「正論」だと思います。
日本の強化のためと、チビッコ選手たちのために加えて、
MASAさんの出で立ちを、来年も拝見させていただくためにも!
長野カップの存続を願いたいですね。

>江戸っ子さちの旦那さん
3日間お楽しみいただけましたか?
FMの生放送にもお付き合いいただいて、ありがとうございました。
そして奥さま、大役ご苦労さまでした。
日本の旗手をされたのですから、いい記念になったのでは? 
これからも、ご夫婦揃って、ホッケーを楽しまれてくださいね!

>ゆうこさん
結果はともかくとして、国際試合を堪能されたとのことで、良かったです。
それから、訂正コメントしていただいて、ありがとうございます。
でも、さすがにK県のO市から長野まで、
連日通い続けたとは思っていませんから、大丈夫ですよ(笑)
| 「語りべ」 | 2010/02/15 00:39 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/834
トラックバック
__