加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 熱戦!プレーオフ2010<7>王者の底力 | main | 熱戦!プレーオフ2010<9>歴史を変えた! >>
2010.03.28
熱戦!プレーオフ2010<8> クレインズが逆王手!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アニャンハルラ vs 日本製紙クレインズのプレーオフ ファイナル第4戦は、
昨夜、釧路アイスアリーナに舞台を移して行われ、
クレインズが、シリーズ3度目のオーバータイムを、3−2 のスコアで制して、
2連覇へ逆王手を掛けました。
     クレインズが逆王手!

この試合のヒーローは、文句なしに 西脇雅仁 選手 !!

アジアリーグで初めてとなる韓国チーム優勝の瞬間まで、あと2秒!
という大詰めの場面で、
「時間がなかったので、ショートを打とうと決めていました」
という西脇選手は、ニュートラルゾーンでパックを拾うと、
ブルーラインを超えるや否や、渾身のスラップシュート。

放たれたパックは、DFの #5キム ・ウジェ 選手の体と、
好守を続けてきたGKの #30ソン ・ホソン選手のミットの左側を抜けて、
ゴールに突き刺さりました。

昨季までのプレーオフでは、31試合に出場し、実に 20ゴール17アシスト。

3季前のファイナルでは、優勝を決めるVゴールをゲットしたり、
昨季のプレーオフの初戦では、いきなりハットトリックを達成したりと、
自他ともに認める “プレーオフ男” の西脇選手ですが、
今季はセミファイナルから、ファイナル第2戦まで、まさかの6試合連続ノーゴール…。

それだけに、勝った試合のあとでも、ややうつむき加減の姿が見られましたが、
「以前の試合のビデオを見返したり、シュート練習をしました」
という成果が表れて、
王手を掛けられ土俵際に追い詰められてから、2試合連続ゴールをゲット。
完全復活の のろしを上げました。

とはいえ、試合終了直後にこそ、笑顔を見せていたものの、
「次の試合で勝たないと、意味がない」
と言って、すぐさま引き締まった表情に戻った西脇選手。

今日の第5戦でも “プレーオフ男” の真価を発揮して、
日本一の時に見せた笑顔を、今夜、釧路のファンの前でも、見せてくれるでしょうか?
          プレーオフ男の真価を発揮して、今夜も笑顔を見せてくれるか?

今季のアジアリーグのチャンピオンが決まる ファイナル第5戦も、FMくしろ で生中継。
また、CS放送の EXスポーツ でも録画中継されます。 どうぞ、お楽しみに!

◆photo supported by OSAMU KIMURA  editor of K-HOCKEY!
アジアリーグ | comments(0) | trackbacks(0)
2018.10.16
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/863
トラックバック
__