加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 熱戦!プレーオフ2010<8> クレインズが逆王手! | main | 熱戦!プレーオフ2010<10>新たなスタート >>
2010.03.29
熱戦!プレーオフ2010<9>歴史を変えた!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アジアリーグのプレーオフ ファイナルは、
昨夜、超満員となった釧路アイスアリーナで、第5戦 が行われました。

試合は、チャンピオンを決める最終決戦にふさわしく、手に汗握る大熱戦となり、
このシリーズ4度目のオーバータイムに突入しましたが、
アニャンハルラが、5−4のスコアで、日本製紙クレインズにサヨナラ勝ち!
悲願の初優勝を達成しました !!
 アニャンハルラ初優勝!

ハルラ初優勝の瞬間ベンチを飛び出していく選手たち
歓喜のハイタッチチームを支え続けたチョン・モンウォンオーナー

キム・ウジェ選手

決勝ゴールをゲット #5 キム ・ウジェ 選手

「(決勝ゴールの瞬間は)
うれし過ぎて、覚えていません(笑)」
プロック・ラドゥンスキ選手

プレーオフMVP #25 ブロック ・ラドゥンスキ 選手

「優勝できた理由?
みんなが強い気持ちを持って、
ハードワークを続けたからだよ」
尾野貴之選手

移籍1年目で優勝 #3 尾野貴之 選手

「去年は(日光バックスで)最下位でしたから、
すごくうれしいです!」


3選手の言葉に代表されるように、誰もが うれしさを隠し切れない様子でしたが、
チームを優勝に導き、最優秀監督賞を受賞した シム ・ウィシク監督(写真左)は、
こんなことを話していました。
      シム・ウィシク監督

「(セミファイナルで敗れた)昨季との違いは、守りが安定したことが大きかったです。
特に、#23 ダスティン ・ウッド 選手が加わってからは、DFの層が厚くなって、
ペナルティキリングの時も、耐えることができるようになりました。

そして何より、選手はもちろん、コーチも、スタッフも、
全員が一生懸命やってくれたことが、勝因です」

(選手として出場した)アジアリーグの最初の試合(2003年11月15日)で、
コクドに1−11で大敗した時は、同じレベルで試合するには、10年は掛かるなと思いましたから、
思っていたよりも早く、優勝できたと言えるかもしれませんね(笑)」


日本のチーム以外では、唯一、初年度からアジアリーグに参戦しているハルラは、
毎年、力をつけていき、ついに頂点に立ちました。

7年目にして初めてとなる韓国チームの優勝は、アジアリーグ戦国時代到来の予感が漂うだけに、
来季以降は、これまで以上の激しい戦いが繰り広げられることで、
日本、韓国、中国の各チームが、さらなるレベルアップが見込まれるところ。

そんな期待感を抱かせる、ハルラの初優勝。
アジアのホッケー界の歴史を変えた選手たちを、大きく称えたいですね。

おめでとう! アニャンハルラ !!

◆photo supported by TOMOKI OTANI
アジアリーグ | comments(13) | trackbacks(0)
2018.06.22
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
ついにこの日が来ましたね。このブログでじろうさんがどんなタイトルをつけるのか楽しみでした。意外と(?)シンプルなタイトルだなと感じましたが、この言葉以外ないですね。

日本チームの雪辱、韓国チームの2連覇への挑戦、個人的にはいつも気になる中国チームの未知の力…。リーグとしては面白くなってきたような気がします。早くも来シーズンが楽しみです。
| くま三郎 | 2010/03/29 10:56 |
韓国チームの初優勝は個人的にはうれしいです!!!ブレイズもリーグに加盟して、これで日本のホッケー界も活性化するのではないのかなと期待しています。閉塞的な状況で、日本チームがそれを打開すれば、アジアのホッケーも一皮むけるのではないかと期待しています。
ハルラおめでとー!!
| しょうへい | 2010/03/29 11:46 |
ファイナル5戦全部観戦できた一般のファンの方がいたら羨ましい限りです。

1・2戦だけでも観戦出来て良かったと思いましたが、ここまで縺れて、更に連夜のOTには釧路に行かなかった事を後悔し始めています。

来季は色々な面でどうなるのでしょうか?

今シーズンもありがとうございました。
| 霧降だより | 2010/03/29 11:52 |
歴史的なシーズンとなりましたね!

アジアの盟主として危機感はありますが、アジアリーグとしては素晴らしいことだと思います。

実力差は無くなってきましたが、外国人枠は現行のままで維持してほしいです。もしくは日韓のチームは全て4枠にしてほしく、減らすことだけはしないでほしいと強く願います。
| 遊 | 2010/03/29 12:26 |
なによりも、ALが「真の国際リーグ」として機能した重要な年度となったとおもいます!その意味でもとくにハルラの強化の努力には感謝と敬意が払われるべきと思います。日本勢はバジェットの問題を抱えてこれからますます大変とおもいます。王子も大学トップラインをゲットしても純血主義をとらざるをえないでしょうし。しかしどのチームもたとえばこれでハルラを妥当するという明確な目標ができて戦略構築を整えやすくなる面があるでしょうし、日本全体の強化にきっと好影響がでてくるでしょう!結果的に国際競争力が向上すれば例えば五輪「復帰」にも近くなるのではないでしょうか。そしてなんといっても来シーズンはこのヒートアップした国際カードでの新たなる名勝負を、日本のほうの首都圏でもぜひともみせていただきたいものです!
| デンじい | 2010/03/29 13:19 |
今季も実況生中継お疲れ様でした。会場内で携帯ラジオを
聴きながら観戦していたのですが、音声が聞こえない程、
声援が凄かったです。

今季のファイナルはアジアリーグ史上に残る
名シリーズでした。
勝負は最後まで分からない、何事にもあきらめない、
更に気を抜いてはいけない事を学びました。

クレインズの後を追うかのようにハルラが毎年力をつけてきて
恐れられる存在になりました。楽しみはまた来季へと続く。
| 隠れ雛(かくれヒナ) | 2010/03/29 19:04 |
初のコメントです。私も会場でラジオを聞きながら観戦しておりました。

語りべさんがおっしゃるとおり、アイスホッケーの神様がもっと試合を見なさい、盛り上がりなさいという事でしたね。

この2試合を見て、ホッケーファンになって良かった、クレインズファンになって良かったと心の底から思える至福の2日間でした。

クレインズには新たにハルラという好敵手を与えてくれました。

これからもアジアリーグアイスホッケーを盛り上げて行きなさいって事ですね。

今季も美声をありがとうございました。


追伸、私は野球は楽天ファンなので、語りべさんの実況が楽しみです。
| taro | 2010/03/30 19:48 |
ファイナルの釧路シリーズは2試合ともハラハラドキドキでした。
ハルラの優勝はみなさんがおっしゃるとおり「アジアリーグ」にとって大きな意味があることだと思います。
名勝負を繰り広げた両チームに拍手を送りたいと思います。

釧路ではラジオを聞けませんでしたが、インターバルでの重野さんとの掛け合い、楽しませていただきました。
今シーズンもありがとうございました。
| jimmy | 2010/03/30 23:46 |
アジアリーグお疲れ様でした。
ハルラおめでとうございます。AL初年から韓国選手は動きがスムーズだなと思いました。
| AT25 | 2010/03/31 19:01 |
皆さん、コメントありがとうございます!

>くま三郎さん
ついに韓国のチームが初優勝を飾ったので、次は中国チームの初優勝!
と期待したいところですが、
まずは各チームから勝点をマークくらいが、当面の目標でしょうか?(笑)

>しょうへいさん
本当におっしゃるとうりだと思います。
ハルラの初優勝で、日本のホッケー界がネジを巻きなおして、
閉塞感を打ち破って欲しいですね。

>霧降だよりさん
韓国遠征お疲れさまでした。
やはりホッケーは生で見るスポーツだと思いますから、
来季も、(大変でしょうけれど)今季に負けないくらい、試合に足を運んでくださいね!

>遊さん
外国人選手枠に関してのご意見は、まったくもって同感です。
次の記事にも書きましたけれど、日本のホッケー界が国際競争力を維持するための、
最後の一線だと思います。

>デンじいさん
確かに「バジェットの問題」はありますが、
外国人助っ人が4人いる韓国チームに、オール日本人チームが勝って優勝する!
くらいのチーム力をつければ、代表のレベルアップにもつながりますよね。

>隠れ雛さん
ラジオの音声が聞こえない程、声援が凄かったという表現がピッタリの5試合でしたね。
追う側と追われる側が逆になる来季の対戦が、今から楽しみですね。

>taroさん
放送の中でも、解説の重野賢司さんと話をしましたけれど、
昨季のセミファイナル、今季のファイナルと、死闘を演じた「好敵手」の戦いは、
掛け値なしに“アジアリーグのゴールデンカード”ですよね!

>AT25さん
コメントしてくださったように、ハルラは初年度から参戦していますし、
それ以前にも、古河やクレインズとの交流を続けていましたから、
その努力の年月が、初優勝につながったと思いますよ。
| 「語りべ」 | 2010/04/01 12:35 |
はじめまして。

今、日本製紙クレインズの紹介記事を作っているんですが、こちらの記事の一番上のアニャン・ハルラの集合写真を使わせて頂きたいと思っているのですが、よろしいでしょうか?

※写真引用先として、こちらの記事へのリンクも張らせて頂きます

突然のメッセージで申し訳ありませんが、ご返信頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。
| MK1 | 2017/12/21 21:06 |
おはようございます。
本日のクレインズ最終2連戦の前日まで返信頂けなかったので、誠に勝手ながらアニャン・ハルラのお写真を使わせて頂きました。

※画像引用先として、こちらの記事へのリンクを張らせて頂きました

問題があればお写真は削除しますので、ご連絡下さい。

P.S.こちらの加藤さんの「語り部」ブログ、日本のアイスホッケーの歴史が色々詳しく載っているので、これから勉強させて頂きますm(_ _)m
| MK1 | 2017/12/23 06:58 |
>MK1さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
時節柄、スケジュールが立て込んでしまったため、
返事が遅くなって大変失礼致しました。

これから本格的なホッケーシーズンを迎えますので、ぜひ堪能されてください。
| 「語りべ」 | 2017/12/31 16:33 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/864
トラックバック
__