加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< ラジオを持ってリンクに行こう!<2> | main | 中国三都物語<6>チチハルジュニアチーム >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2006.01.06
中国三都物語<5>チチハル編
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アジアリーグに参戦中の、
中国3チームのホームタウンを紹介している「中国三都物語」
北京編ハルビン編に続いてお届けするのは、現在来日中のチチハル編です。

ハルビンと同じくチチハルも、中国北東部に位置する黒龍江省の中にありますが、
ハルビンと違って、日本から直接アプローチすることはできません。

日本から、空路だけを利用する場合は、
北京や上海で国内線に乗り継いで、チチハルまで行くことができます。
しかし、便数が少ない上に、あまり大きくない飛行機のため、しばしば欠航になることも。
(「語りべ」が予約していたチチハル−北京便も、欠航になってしまいました…)

ということで、「語りべ」がおススメするのは、
(と言ってはみたものの、チチハルに行ってみよう! という人がいるのでしょうか?)
新潟か関西空港から、ハルビンを経由してのアプローチです。

硬座車両ハルビンからチチハルまでは、
1日4往復ある快速列車で、2時間半から3時間。

中国の列車といえば、車内はすし詰め!
という硬座車両(写真)を思い浮かべる人も多いでしょうが、
4往復のうち2往復には、日本のグリーン車にあたる軟座車両が連結。

運賃も含めて、日本円で約1300円払えば、
少し古めの、JRの特急列車のような車両で、快適にチチハルまで行くことができます。

ところで、チチハルといえば、
今季の「アジアリーグ・オフィシャルプログラム」に掲載した、
キャプテン座談会でも選手たちが口にしていたように、
日本人から見ると、「かなりヤバイところ」(クレインズ・伊藤賢吾選手)だというウワサが…。

しかし、実際に、街の玄関口であるチチハル駅に降り立ってみた「語りべ」の第一印象は、
「そんなに悪いところじゃない!」というものでした。

駅前から伸びるメインストリート沿いには、高いビルが並んでいたり、
何でも揃っている外資系のスーパーや、
さらに、ケンタッキーやマクドナルドといったお店が並んでいたりと、意外に都会的。
チチハル市のメインストリート外資系スーパーには、豊富な商品が!ファーストフードのお店も!

しかし、よーく見ると、メインストリート沿いにも、雑然としたエリアがあったり、
メインストリートから一歩外れると、まだまだ未開発のエリアが多く、
「語りべ」と同行したライターのS氏によると、
「汚水の臭いが部屋に充満している」ようなホテルも、中にはあるそうです。
メインストリート沿いにも、雑然とした街並みが裏通りの商店メインストリートから一歩、路地に入ると… 

そんなチチハルの街を貫くメインストリートを、どんどん進み、
突き当たったところにある幹線道路を右折すると、
チチハルのホームリンク、チチハル市体育館が見えてきます。(チチハル駅からタクシーで約15分)
チチハル市体育館
街の印象と違って、ホームリンクは、
チチハルがアジアリーグに参戦する直前の、
一昨年の夏に建てられたばかりとあって、
照明も明るく、とてもキレイ!

日本の各チームの選手たちからも、
「いいリンク」だという声が、多く聞かれました。

チチハル市体育館のイレギュラーなスタンドチチハル市体育館の一番の特徴は、
イレギュラーなスタンドのデザイン。
メインスタンドと片側のゴール裏スタンドが、
4階席まであるのに、
バックスタンドや、もう一方のゴール裏スタンドは、
2階席までしかありません。

しかし、どこから見ても、リンクはとても見やすく、
どのスタンドからでも、試合を楽しむことができます。

「ホッケーはチチハルで最も人気のあるスポーツ」

アジアリーグに参戦するにあたって、
報道陣に配られた資料には、こんな紹介文が書かれていました。

その言葉どおり、昨季のアジアリーグの開幕戦や、
ライバル・ハルビンとの “黒龍江省ダービーマッチ” の時は、
スタンドが3000人近いファンで埋まったことも。

ダフール語で「辺境」を意味する中国北東部の街にある、
キレイなリンクのスタンドに詰め掛けるファンの人たちは、
きっと、チチハルが白星を収める瞬間を見るために、やって来ているに違いありません。

選手たちは、そんな地元ファンの期待に、いつ応えることができるのでしょうか?


★本日の小ネタは…
チチハルのホームゲームでは、
ピリオド間のインターミッションに、必ずフィギュアスケートのショータイムがあります。
インターミッションのフィギュアスケートショー
カワイイ小さな子供が、果敢にジャンプに挑戦してみたり、
国内の大会で優勝した選手が登場したりと、それはそれで楽しめるのですが、
一つだけ疑問に思ったのは、
いつも整氷をし終わったあとに、ショータイムをやること。
せっかくリンクをキレイにしたのに、
選手たちがやってくる前に、フィギュアスケートのショータイムで、
センターアイスが、早くもキズだらけ!
チチハルの人たちは、誰も疑問に思ってないんでしょうかねぇ…。 
中国三都物語 | comments(2) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
いつも楽しく拝見してます。
仲間と一緒にALH EXPRESSというアジアリーグの情報サイト(を目指すただのファンサイト)をやっています。
幣サイトのハルビン特派員がクリスマスゲームズの裏でチチハルに行ったレポートを掲載していますので興味を持たれた方は見ていただけたらと思います。思いっきりかぶってますが..
「語り部」さんのブログのような記事が読みたいと前から思ってて自分でサイト始めたので、いつもほんとに楽しみにしてます。
今後もマニアックな情報をよろしくお願いします。
| ALH EXPRESS 管理人 | 2006/01/06 02:03 |
ALH EXPRESS管理人さん、こんにちは。
はじめまして。コメントありがとうございます。

ホッケーの情報を欲しがっているファンの人は、たくさんいると思うので、これからも頑張ってください。
みんなで、ホッケーをサポートしていきましょう!

もし、リンクで見掛けることがあったら、ぜひ声を掛けてください!




| 「語りべ」 | 2006/01/06 14:31 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__