加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 節目と転機 | main | 王者の大きな財産 >>
2010.09.19
開幕戦のサプライズ
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

昨日、アニャン、釧路、苫小牧の各地で、アジアリーグが開幕しました!
アニャンハルラvsHigh1の開幕戦

満員のファンが見つめる中で行われた アニャンアイスアリーナでのオープニングゲームは、
High1(ハイワン)が 4-2 のスコアで、アニャンハルラに勝利。

V2を狙って、地元での開幕戦に臨んだハルラでしたが、
リードして迎えた第3ピリオドに、
#23 ダスティン ・ウッド 選手が、不必要な反則をしてしまったり、
#27 ブラッド ・ファスト選手が、自陣のゴール横で、パック処理を誤ったりするなどして、
3点を奪われ逆転負け。

「今年こそは、勝ちたかったですけれど…」
と言ってシム ・ウィシク監督は、
就任してから続いている開幕戦の連敗が「3」に伸びてしまったことを、悔しがっていました。


対照的に、High1の キム ・ユンソン 新監督は、
初戦で白星を手にしたとあって、うれしそうな表情を浮かべながら、
二人の選手の活躍を勝因に挙げていました。

まずオフェンス面では、2得点した #17 アレックス ・ブレ 選手。
            アレックス・ブレ選手

NHLドラフトで1巡目指名を受けた経歴を引っ提げて、High1の一員となったブレ選手ですが、
初めてのアジアリーグの試合を終えて、
「プレーのスピードが速いので、ビックリした」
との第一印象を話してくれました。

しかし、昨日の試合では、ブレ選手自身も、
セールスポイントの一つに挙げていた、「スピードのあるスケーティング」を披露。
右サイドのボード際から、一気にゴール前へ攻め込んで、
決勝点となる、貴重なショートハンドゴールをゲットしました。

一方、守りの面では、チャイナドラゴンから移籍した GK の 井上光明 選手。
            井上光明選手

「チームに合流した直後に、一番手で使うぞと監督から言われて、
ちょっとプレッシャーがあったんですけれど…」
と本音を打ち明けてくれたものの、
41本のシュートを、2失点に抑える働きで勝利に貢献。
キム ・ユンソン監督が、「今日のMVP」というほどの働きをしてみせました。


昨日の試合を振り返ると、アニャンでは、
ブレ選手や、井上選手をはじめ、10人の新戦力を加えた High1 が、
ディフェンディングチャンピオンのハルラに勝利。

また苫小牧でも、9人のニューフェイスを迎えた 東北フリーブレイズが、
ディフェンス力には定評がある王子イーグルス相手に、6連続得点を決めて、
チーム創設以来、初めてイーグルスに土をつけました。

前評判を覆す “開幕戦のサプライズ” は、
もしかしたら、レギュラーシーズンの行方を暗示しているのかも?

今季のアジアリーグが、手に汗握るような大混戦になることを、期待したいですね!

★本日の小ネタは…
アニャンアイスアリーナでの開幕戦では、
すっかり恒例となっているオープニングショーに続いて、
昨季限りで引退した パトリック ・マルティネツコーチの引退セレモニーが、試合前に催されました。
家族と一緒に引退セレモニーに臨んだマルティネツコーチ

ご家族と一緒に、リンク上でスポットライトを浴びながら、
現役時代に活躍したシーンを集めたハイライト映像が、アリーナ内の大型ビジョンに流されると、
マルティネツコーチは、さすがに感慨深そうな表情。

その後、チョン ・モンウォン オーナー夫妻から花束を渡されたのに続いて、
マルティネツコーチから、ファンへの挨拶がありましたが、
ナント! およそ1分半近くの挨拶を、メモを見ることなく、全て韓国語で行いました !!
       ファンへ挨拶をするマルティネツコーチ

「これからは、コーチとして最善を尽くします」
という言葉で挨拶を締めくくると、スタンドのハルラファンは、拍手喝さい!

以前から、短い会話であれば、韓国語だけでなく、日本語もOKのマルティネツコーチでしたが、
このシーンは、まさしく “開幕戦最大のサプライズ”

マルティネツコーチは、チェコのトップリーグでタイトルを獲得したり、アジアリーグでMVPに輝いたりと、
選手として、素晴らしいキャリアを築いてきましたが、
コーチになっても、素晴らしい働きを見せてくれそうですね!
                 マルティネツコーチの素晴らしい働きに期待!
アジアリーグ | comments(3) | trackbacks(0)
2017.11.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
開幕戦で引退セレモニーとはアミャンへの貢献度が高い証拠ですね。

開幕戦では昨季レギュラーリーグ1,2位チームが初戦敗戦とはサプライズでした。

High1#17は最初ボートレット選手って言われてましたがいつの間にブレ選手になってましたね。井上選手もショッツ多い中で好セーブだったみたいですね。

| truill | 2010/09/19 11:29 |
今季ALはシーズン前から嬉しいニュースが多くて何とも躍動的な感がありましたがオープニングからやってくれますね!ブレイズは#14もですが前王子組が大活躍で”ご恩返し”のようですし、首都圏ちびっこゴーリイの憧れ”武蔵野のダスティ”の活躍もうれしい限り!同じ番号をつけた「お弟子さん」たちも大喜びだとおもいます! 

もういくつ寝ると次週土日かなあなんぞと指折り数えるジジイより
| デンじい | 2010/09/19 12:45 |
コメントありがとうございます!

>truillさん
敗れはしましたけれど、井上選手は日曜日の試合でも、
混戦の中で小突かれたりしながらも、必死にゴール守っていましたよ。
それからブレ選手は、チームからの登録表記だとのことです。
フレンチ系カナディアンの名前のようですね。

>デンじいさん
フリーブレイズの試合結果を見ると、全敗に終わった昨季とは違って、
セルフコントロールができていた元王子勢の働きが光っていたようですね。
対して連敗を喫したイーグルスは、バックスとともに、今週末の日光での連戦が、
早くも序盤戦のヤマ場になるかもしれませんね !?
| 「語りべ」 | 2010/09/21 00:28 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/939
トラックバック
__