加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 復帰の日はいつ? | main | 札幌のアイスホッケー殿堂 >>
2019.05.25
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2010.11.19
盟主の座を争う戦い!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

明日と明後日、苫小牧の白鳥アリーナでは、
王子イーグルス vs 日本製紙クレインズ の2連戦が行なわれます。

この両チームは、プレシーズンゲームでの対戦はありますが、
今季のアジアリーグでは、初顔合わせ。

先週のハンガリー遠征に参加した日本代表22選手のうち、
イーグルスから 6人。クレインズからは 8人を、
それぞれ送り込んだことでも明らかなように、
実力派選手が居並ぶ両チームの、直接対決となります。


ところで、「語りべ」は、
毎年「アジアリーグ・オフィシャルプログラム」に、寄稿をさせてもらっていますが、
今季の特集記事として、「激突! ライバルバトル !!」 との企画案があり、
夏のキャンプの際に、取材をしました。

その内容は、常に激しい火花を散らしている、
アニャンハルラ vs High1(ハイワン)の「コリアンダービー」とともに、
イーグルス vs クレインズの「北海道ダービー」を採り上げ、
見逃すことのできない2つのダービーマッチを、紹介するというもの。

しかし、残念ながら、他の企画との兼ね合いで、
採用には至らなかったため…(取材させてもらった皆さんゴメンサナイ)、
今季最初の北海道ダービー直前企画! と銘打って、
地元にクレインズを迎え撃つ、イーグルスの監督と選手の声を、お届けします。


 ボクらがホッケーを始めた頃は、メッカと言えば苫小牧でしたけれど、
 (現役引退後に)中学生のコーチになった時は、
 釧路のチームに、かなわなかった印象が強いです。
 個人的には釧路に負けたくないという気持ちが、常にあります。〜山中武司監督〜

イーグルスのホーム苫小牧と、クレインズの本拠地の釧路は、
数え切れないほどの名選手を輩出してきた、屈指のホッケータウン!

どちらも、「ウチの街こそが日本一のホッケータウンだ」 との思いを持っているはずで、
生まれも育ちも苫小牧の山中監督が話してくれたとおり、
ライバル意識は、かなり強いに違いありません。

それだけに、イーグルス vs クレインズの戦いは、
“ホッケータウンのライバルバトル” でもあるのです!


 年齢が近い選手も多いので、かなり意識はしますよ。
 それ以上に、製紙会社同士なので、周りの人たちも盛り上がってきますから、
 社員じゃないのに、自分もテンションが上がってきます(笑)〜齊藤哲也主将〜

ホッケーに限らず、日本のスポーツ界は、
長きに渡って、企業チームによって支えられてきました。
そんな経緯から、同じ業種のチーム同士の対決は、
どの競技でも、他のカードにも増して盛り上がるのは必至。

それだけに、イーグルス vs クレインズの戦いは、
“製紙会社のライバルバトル” でもあるのです!


  (3季前に)優勝した時は、後半に勝ち続けましたけれど、
  それ以外の年は負け越してしまって、優勝もできませんでしたし、
  クレインズは、ビッグゲームの戦い方を知っているので、
  このカードの前は、少なからずナーバスになりますね。  〜春名真仁選手〜

前述したとおり、この両チームには、
日本代表でも主力を担う有力な選手が、ズラリと名を連ねているだけでなく、
昨季は、全日本選手権の決勝戦と、
アジアリーグのセミファイナルで顔を合わせて、鎬を削ったように、
チーム力の観点から見ても、現時点での国内二強。

それだけに、イーグルス vs クレインズの戦いは、
“日本一を争うライバルバトル” と呼んでも、過言ではないでしょう!


さらに、この両チームに関して、見逃してはならないことがあります。
それは、日本のホッケー界への大きな貢献度です。

イーグルスも、クレインズも、ともにアイスリンクを持ち、
ホッケータウンの発展に寄与しているのに加えて、
日本代表、ジュニア、女子、チビッコなどといった各カテゴリーの指導者や、
レフェリー、ラインズマンにも、人材を派遣し続けています。

それだけに、イーグルス vs クレインズの戦いは、
日本のホッケー界に於いて、まさしく “盟主の座を争う戦い” !

“アジアリーグ最大のライバルバトル” と呼ばれる「韓国ダービー」に負けないような、
熱く激しい「語りべ」北海道ダービー」となることを、期待しましょう。

尚、明日と明後日の試合は、いずれも FMくしろ で生中継!
CS放送の EXスポーツ でも録画中継される予定です。 どうぞお楽しみに !!
  盟主の座を争う戦い!

◆photo by Mr.M
アジアリーグ | comments(6) | trackbacks(0)
2019.05.25
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
加藤じろう様
アジアリーグの試合が郡山で行われているみたいですね
ニュースでみましたが、東北フリーブレイズが韓国のハイワンに勝って暫定ですが今日はリーグ1位だとTVで言っていました
なんとなく、嬉しくてコメントを入れてみました(=⌒ー⌒=)ニコニコ!

      洋酒喫茶プリンス
| 洋酒喫茶プリンス | 2010/11/19 01:38 |
じろうさん いつもログだけですいません。

毎日しっかりチェックしてます。

この語りべ通信はオフでも充実しており、海外の情報も詳しく分かるので要チェックしてます。

たくさんのアイスホッケーファンが楽しみにしているサイトのはずです!

本当にありがとうございます。

さて!明日は じろうさんの言うとおり北海道、氷都、製紙会社、日本を代表する

全てにおいての注目カードです!

明日の実況たのしみにしてます。

カラダに気をつけてがんばってください!
| Tera | 2010/11/19 23:56 |
クレインズが苫小牧でどんなホッケーを見せるのか楽しみにしています。
会場には行けませんが、ラジオを片手に“名実況”に耳を傾けながら応援します!!
| jimmy | 2010/11/20 11:55 |
じろうさんオフィシャルプログラム番外記事をありがとうございました!あるじの消えたフシミ界隈で戦況を気にしておりましたが、ふたつの素晴らしいホッケータウン、素晴らしいリンクをもつ(十条リンクも渋くて好きですが)、素晴らしいライバルチームの当代盟主対決、ホッケー再興のためにも盛り上がって欲しいものです!名実況をきけずザンネンですがか「語り部」の本領発揮!でのご活躍を祈念いたしまする!!!

Go! JIRO Go!
| デンじい | 2010/11/20 20:10 |
お久しぶりです

海の向こうでは
現地土曜日にBATTLE of CANADAとも言うべき
TOR@MTLが行われておりました
試合は今シーズン最高と感じさせる内容の展開になり
途中失点を受けたTORのgoalieのGustavssonの悔しい顔からも
いかにこの試合に対する気合の入れ方が普通でなかったのが感じられました
結果がHUBSが2−0でLEAFSに勝利しました
それにしても今シーズンのHUBSのgoalie Priceはどうしちゃったのかというぐらい絶好調ですね
世界jrで優勝した時のconditionに戻ってきている
印象です
この試合DFSubbanとの勝利のperformanceはハイライトでは
無かったみたいですが
backupのAuldから労いの肩をたたかれていたのが
凄く印象的でした
HUBSはここまでdiv.topを維持しておりますが
Priceのperformanceが相当影響しているのは間違いないと思います

少し長文になり申しわけございませんでした
ご一読いただきまして有難うございました
それでは失礼いたします。

| tommy | 2010/11/22 01:51 |
皆さん、コメントありがとうございます!

>洋酒喫茶プリンス佐々木さま
ご無沙汰していますが、お元気でしょうか?
今季のフリーブレイズは、ホームゲームを各地で開催しているために、
八戸での試合は年明けまでありませんが、
対戦相手の王子イーグルスも強豪チームですので、もしかしたら、首位攻防戦になるかもしれません。
きっと地元のメディアでも紹介されると思いますから、ぜひ注目をされてみてください!

>Teraさん
遠征と激励メッセージありがとうございます!
「カラダに気をつけてがんばってください! という一文が身にしみました(苦笑)
最初の顔合わせとあって、まだまだだったかもしれませんけれど、
韓国ダービーにヒケをとらないほどの、激しく熱いバトルを、これからも繰り広げて欲しいですね。
来月の釧路での第2ラウンドも、盛り上げてくださいね!

>jimmyさん
お久しぶりです。いかがお過ごしでしょうか?
いただいたコメントへの返事になっていないてのですが…、
Jimmy Journal の“枕”を、いつも楽しませてもらっています。
対して、マスコミの端くれながら、いつもいつも同じ書き出しで。お恥ずかしい限りです…。

>デンじいさん
いつもエールをお送りいただいて、大感謝です。
デンじいさんのご子息さまの(おそらく)ヒーロー金子選手も、
スペシャルプレーにシフトされるなどして、存在をアピールしていましたから、
デンじいJrクンも、東京の星を目指して、ぜひ頑張ってください!

>tommyさん
トロントとモントリオールの対戦も、
現状のスタンディングなどを度外視して、“盟主の座を争う戦い”と言えますよね。
以前の記事でも紹介しましたけれど、ファンサービスイベントがほとんどない、
ベルセンターの硬派ぶりも、味がありますね(笑)
| 「語りべ」 | 2010/11/23 18:26 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/973
トラックバック
__