加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2017.06.21
NHLが31チームの新たなジャージを発表!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事で紹介したとおり
NHLの試合で選手たちが着用するジャージが、来季からアディダス社製に変更するのにあたり、
昨夜(現地時間)新たなジャージが発表されました。


最も注目された新チーム ベガスゴールデンナイツ のジャージは、
このようなデザイン ↓ に !!





既存の30チームも、下記のとおりに改まるそうです。




皆さんの応援しているチームの新しいジャージの印象は、いかがですか???

尚、全31チームのジャージを動画でご覧なりたい方は ↓ こちらをどうぞ。








NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2017.06.19
お色直しの時間
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事のタイトルJUNE BRIDEに続いて、
今日の「語りべ」通信のタイトルは、「お色直しの時間」 です。


と言っても結婚式にまつわる話ではなく、、、アイスホッケーの話題ですので、ご安心を(笑)


来季から17年ぶりの新規加盟チームとなる ベガス ゴールデンナイツ が加わって、
NHLは1917年の創設以来、最も多い「31チーム」による戦いが繰り広げられることに!

そのため、新規加盟チームが、既存の30チームから戦力を補強する、
エクスパンションドラフト」が行われ、
明後日(現地時間)NHLから指名された選手が発表されます(予定)


一方、エクスパンションドラフトの指名選手に先立って、明日発表される物もあります。

それは、NHL各チームの新たなジャージ(ユニフォーム)です!





来季から全てのチームのジャージが、
新たにNHLと契約を結んだアディダス社製に、変更されるのに先立って、
明日 31チームのジャージが発表されます!

ちなみに、同社のツイッターには、ちょっとだけイメージが伝わる画像が掲載され、
気になる新チームのベガスは、↓ こんな感じに





これでは、さすがに分かりませんから(苦笑)
皆さんのお気に入りチームは、どんなジャージになるのか?
明日の発表を楽しみにしてください!


尚、複数の現地メディアによると、サードジャージは常備せず、
濃い色のホーム用と、白を基調にしたビジター用の2種類が基本となる予定だそうです。







NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2017.06.18
JUNE BRIDE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

季節柄、雨の週末になったところも、多かったようですが、
ホッケーファンの皆さんは、いかがお過ごしでしたか?


「ジューンブライド」 という言葉があるように、
6月の結婚は生涯の幸せを招くと、欧米などで古くから言い伝えられているだけに、
「この週末は結婚式に招かれた」という方も多かったのでは?

ホッケー界もオフシーズンとあって、この時期に結婚式を挙げる選手もいるようです。

なかでもNHLのチーム(やアフィリエイトチーム)でプレーするヨーロピアンは、
シーズン中に故郷へ戻ることができないため、6月に結婚式を挙げる選手が見られます。


その一人が、ライナス・ウルマーク 選手(23歳)です!




祖国のスウェーデンでの活躍が目に留まり、
2012年のドラフトでバッファローセイバーズから指名を受け、
昨季から北米にやってきたウルマーク選手。

しかしながら、昨季、今季ともに、活躍の場は(NHLの一つ下の)AHLがほとんどだっただけに、
3年目を迎える来季は、
アンドリュー・アレン GKコーチ(元日本代表コーチ)に認めてもらうぞ!

とばかりに、やる気満々の様子です。


その強い想いは、氷の上だけでなく、
ウルマーク選手の結婚式でも見られました !!






新婚の奥さまも、内助の功を尽くしているようですね(笑)

でも、これでオシマイでは、かわいそうなので、お二人の笑顔もどうぞ!




先週には2年間の契約延長も決まっただけに、
“新婚パワー” で、来季の飛躍を期待したいですね!




NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2017.06.14
AHL Triple Gold Club
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事で紹介した AHL(NHLの一つ下のリーグに相当)のチャンピオンを決める、
「カルダーカップ ファイナル」は、昨夜(現地時間)第6戦が行われ、
ウエスタン カンファレンスを制した グランドラピッズ グリフィンズ が、
シラキュース クランチを 4-3 のスコアで下し、対戦成績を4勝2敗として、
4季ぶり2度目のチャンピオン に輝きました !!





プレーオフMVPに選ばれたのは、
グランドラビッズの FW タイラー ・バーツッジ 選手!




ファーストラウンドからの19試合で19ポイント(9G 10A)をマークして優勝に貢献。

今季はデトロイトレッドウイングスに昇格し、NHLデビューも飾りましたが、
プレーオフでの活躍を自信に、叔父の トッド・バーツッジ 氏のように、
NHLで不動のレギュラーになれるか、今後が期待されます。


ところで、皆さんもご存じのとおり、
AHLは、上にNHL、下にECHLのアフィリエイトチームが存在するため、
前述したバーツッジ選手に限らず、選手の入れ替わりが激しいのは言うまでもありません。

しかも、今季のデトロイトは、
プレーオフの連続出場記録が「25年」でストップしてしまったことが示すとおり、
例年以上に選手の入れ替わりが頻繁で、試合当日にデトロイトから呼ばれた選手も。

それだけに称えられるのは、
グランドラピッズの トッド・ネルソン ヘッドコーチ(HC)の手腕!




上の写真でお気づきかと思いますが、
低迷していたエドモントン オイラーズで、解任された前任者の後を託され、
暫定 HC を務めるなどしてきた経験が、財産になっているのかも?


そんなネルソンHCが、AHLの歴史に名を残したのを、ご存知ですか?

それは、
「選手、アシスタントコーチ(AC)、HCで全て優勝」
したことです。


まず現役時代に、ポートランド パイレーツのDFとして、
バリー・トロツ HC(現ワシントンキャピタルズHC) の下、1994年にカルダーカップ獲得!

現役を退き、ACを務めていた2008年にはシカゴウルブズで優勝 !!

そして、HCとして今季のプレーオフを制し、3度目のカルダーカップを手にしたのです !!!


今季が創設80周年だったAHLの長い歴史の中でも、
マイク・スタザーズ(現AHLオンタリオ レインHC)と、
ボブ・ウッズ(現バッファロー セイバーズAC)両氏という、
これまで2人しか成し得ていない記録に、「トッド・ネルソン」の名を刻みました。



8年前の「語りべ」通信で紹介したように、国際アイスホッケー連盟では、
「NHL」 「オリンピック」 「世界選手権」
の全てで優勝した者を、トリプルゴールドクラブのメンバーとして称えていますが、
ネルソン HC が成し遂げた3つの異なる役割でのカルダーカップ獲得も、
「AHL版・トリプルゴールドクラブ」
として称賛してあげて欲しいですよね。


ちなみに、同じく「A」で始まる「アジアリーグ」では、
昨季までの14年間で、ネルソンHCと同様に、
「選手、アシスタントコーチ(AC)、HCで全て優勝」
という快挙を、パトリック ・マルティネツ 氏(現アニャンハルラHC)が達成しています。


Patrik Martinec






アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2017.06.04
AHLを知らなくても、きっと知っている名前が出てくる豆知識
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHL のチャンピオンを決めるスタンレーカップ ファイナルが、
先月29日(現地時間)から始まったのに続いて、
NHLの一つ下のリーグに相当する AHL でも、
今季の王座を争う カルダーカップ ファイナル が、
今月2日に幕を明けました!


AHLのチャンピオンを目指し、対戦しているのは、
ウエスタン カンファレンスを制した グランドラピッズ グリフィンズ と、
イースタン カンファレンスから勝ち上がってきた シラキュース クランチ !!

デトロイト レッドウィングス(グランドラピッズ)と、
タンパベイ ライトニング(シラキュース)のアフィリエイトチームの対決となりました!


AHLさん(@theahl)がシェアした投稿 -




4季前にもファイナルで対戦した両チームですが、
グランドラピッズは、レギュラーシーズンでウエスタンの最多勝をマークしたチーム。

対するシラキュースは、ノースディビジョンのチャンピオンと、
どちらも高いチーム力を誇るだけに、戦前から実力伯仲と評されていました。

そんな前評判どおり、第1戦は第3ピリオドの19分46秒に決勝ゴールが飛び出し、
第2戦は、2nd OTまでもつれる大熱戦の末、いずれもグランドラピッズが勝利。


明暗こそ分かれましたが、実力伯仲の両者の対戦だけに、激しい攻防が随所に見られ、
昨夜の第2戦では ↓ このようなシーンも!



ゴール前の攻防は激しいですね〜

ただ、このプレーで、ペナルティショットのチャンスを得たグランドラピッズでしたが、
残念ながら、得点することはできませんでした。



ところで、AHLのファイナルで、ペナルティショットが見られたのは、
ナント 「2009年以来、8年ぶり」 だったそうですが、
では8年前のファイナルで、ペナルティショットを与えられた選手は誰だったかと言うと、、、




今季のアジアリーグで、ポイント王に輝いた マット・ポープ 選手でした。






ポープ選手が所属していたマニトバムースは、この年のファイナルで敗れてしまいましたが、
グランドラピッズは、幸先良く2連勝!

現デトロイトレッドウィングスのジェフ・ブラシル ヘッドコーチと、
現韓国男子代表監督の ジム・パク アシスタントコーチが率いていた4季前に続いて、
2度目のカルダーカップ獲得はなるでしょうか?


尚、今季のAHLのチャンピオンが決まる「カルダーカップ ファイナル」は、
全試合無料でライブ配信されています。

興味のある方は、ご覧になってみてはいかがでしょう?
詳しくは こちら をご覧ください。



アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2 / 401 >>
__