加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2017.12.09
遂に実現!SUBBAN vs SUBBAN !! その日、もう一人のSUBBANは?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

一昨年の2月の「語りべ」通信と、今季の開幕直前の記事で紹介した、
スバン兄弟の直接対決
が、ついに昨夜のナッシュビルでの試合で実現しました!


NHLで初めて顔を合わせる「長男vs次男」のバトルには、父親も駆けつけて、、、


スバン兄弟のプレーに注目が集まる中、フェイスオフとなりました。


まず見せ場を作ったのは、
脳震とうのため長期離脱が続いているマーク アンドレ・フルーリー選手に代わって、
新生・ベガスの守護神の座を担っている次男のマルコム選手(23歳・GK)。

長男のP.K.選手(28歳・DF)のスラップシュートをセーブ!




この試合のハイライトシーン!と呼んでも過言ではないプレーも含め、
マルコム選手は、NHLの公式戦では自己最多となる41セーブ(3失点)の活躍を見せ、
6ラウンド目までもつれたシュートアウト(GWS)の末、ベガスが勝利。
(これまでシュートアウトに通算4度指名されながら無得点のP.K.選手は、出番なし)

初めての「SUBBAN vs SUBBAN」の対戦は、次男に軍配が上がりました。


ちなみに、1917年から続くNHLの長い歩みの中で、
昨夜のように「GK vs プレーヤー(FW&DF)」の兄弟対決は、「史上10度目」


過去には、どちらもスタンレーカップを手にした、
ボストンブルーインズなどでGKとして活躍した兄のティニー・トンプソン氏と、
ニューヨークレンジャーズとシカゴブラックホークスのFWとしてプレーした弟のポール氏は、
NHL史上最も多い「71回」もの兄弟対決を繰り広げましたが、
この二人は、これから何度顔を合わせるのでしょうか?




ところで、現地のメディアもファンも大注目した長男vs次男の直接対決に先駆け、
昨日はバンクーバーカナックスにドラフト指名され、
AHLのアフィリエイトチームのユティカ コメッツでプレーしていた、
三男のジョーダン選手(22歳・DF)に関するニュースが飛び込んできました!


その内容は、、、

バンクーバーから、ロサンゼルスキングスへのトレード


三男のジョーダン選手は、すぐさまAHLのオンタリオ レインへ降格となりましたが、
新天地で力をつけて、二人の兄との直接対決に挑む試合を見せてくれるか、注目されますね。



★左から マルコム(次男)、P.K.(長男)、ジョーダン(三男)各選手





NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2017.11.30
GOAL OF THE YEAR 2017 - 11th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

昨日の「語りべ」通信では、これまでと視点を変えて、
を紹介しましたが、今日は本家本元の(?)
を、お届けしましょう!


KHLの試合で飛び出した、
チェスカモスクワの セルゲイ・シュマコフ 選手(赤#70) のゴールシーンです。

この得点で主導権をつかんだチェスカは 3-1 のスコアで、クンルンレッドスターに勝利して、
連勝を「6」に伸ばしました。


一方、スロバキアでは、
スロバン ブラチスラバ の アンドレイ・スタスト二― 選手(紺#59)も、、、

同じようにゴール裏からトライしましたが、こちらはスコアとならず・・・。


覚えていらっしゃる方も多いでしょうが、6年半前の「語りべ」通信に掲載した、
「フィンランド16年ぶリ2度目の世界一!!」
で紹介したミカエル・グランルンド 選手(白#64・当時19歳・現ミネソタ ワイルド)が、
世界選手権の決勝戦で披露した「ラクロスゴール」の再現 !!


センセーショナルのゴールシーンは、
世界各国のホッケーファンやメディアの間で、大きな話題となりましたが、
「ラクロスゴール」を試みる選手が、再び増えてくるかも!?



余談ですけれど、こちらの↑実況アナさん、酸欠にならないか?
心配になってしまうなほどの絶叫ぶりですね(笑)



PLAY OF THE YEAR | comments(4) | trackbacks(0)
2017.11.29
REFEREE OF THE YEAR 2017 - 1st CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

「語りべ」通信では、これまでに、



と題して、印象的なプレーを披露した選手を紹介してきましたが、
アイスホッケーの試合でスポットライトを当てるべき存在は、選手だけではない!
ということで、新たに、、、
「REFEREE OF THE YEAR」
を、お届けしましょう!


既に「ドラマティックコール」の異名をとる(!?)
NHLの ウェス・マコーリー レフェリーを紹介しましたが
新たなタイトルでお届けする最初の候補者は、こちらの ↓ レフェリーです !!




縦じまのシャージに身を包み、
華麗な歌声でチェコ国歌を独唱したのは、マルティン・フツェル氏(23歳)

実は、この試合に限らず、何度も試合前に国歌斉唱の大役を務めているとのこと。



もっとも、それもそのはずで、本業はチェコの劇場で演技を披露している俳優さん!




俳優がレフェリーをしているのがスゴイのか?

レフェリーが俳優をしているのがスゴイのか? 

どちらかは定かではないですけれど、歌う姿が様になっているのには納得ですね。



PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2017.11.25
GOAL OF THE YEAR 2017 - 10th CANDIDATE ???
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の「SAVE OF THE YEAR 2017 - 10th CANDIDATE」でも紹介したように
アメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)の休日に合わせ、
今季は全チームが試合を行わなかった木曜日(現地時間)から一夜明けて、
昨日は北米各地で、NHLのレギュラーシーズンが14試合も開催されました。

その中から、今度は、、、
の候補(!?)を紹介しましょう。


サンクスキビングデーの試合の中で、一番早くフェイスオフとなった、
TDガーデンでの「ボストン ブルーインズ vs ピッツバーグ ペンギンズ」戦で、
シドニー・クロスビー選手(ピッツバーグ/白#87)に、
得点が記録されましたが、、、




テレビの解説者もジャッジを耳にしてビックリの様子(苦笑)

ビデオレビューの映像を見る限り、
ボストンのGKは、ゴールクリーズ内でプレーしていたのですが、
(しかもお腹の上のパックを叩かれた!)GKへのインターフェアランスとならずスコア!

失点したボストンブルーインズからのコーチズチャレンジでも、判定は覆りませんでした。


もしも、あなたがレフェリーだったら、どんなジャッジを下しますか???



PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2017.11.25
SAVE OF THE YEAR 2017 - 10th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)の休日に合わせ、
今季は全チームが試合を行わなかった木曜日(現地時間)から一夜明けて、
昨日は北米各地で、NHLのレギュラーシーズンが14試合も開催されました。


その中から、
の候補となるスーパーセーブを、ご覧ください。


セントルイスブルースのGKカーター・ハットン選手(青#40)がナイスセーブ!



しかし、それにも増して、ゴールクリーズにこぼれたパックに対し体を投げ出してクリアした、
FWの クリス・ソーバーン選手(青#22)の気迫あふれるプレーは、
文字どおり「グレイトセーブ!!」


「二人目のGKだ!」というテレビ解説のダレン・バング氏の言葉どおり、
決定的なピンチを救いました。


今季からセントルイスの一員になって以来、まだ得点こそありませんが、
チームのピンチを救ったソーバーン選手のプレーは、称賛に値しますよね!




PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2 / 410 >>
__