加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2017.03.01
Kunlun Red Star First Step For Gagarin Cup
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

KHL のチャンピオンを決めるガガーリンカップ プレーオフ は、
カンファレンスクォーターファイナル(CQF=1stラウンド)の戦いが続いています。

昨夜(現地時間)北京で行われた
「クンルンレッドスター vs メタルーグ マグニトゴルスク(Mg)第4戦」で、
3連敗を喫して土俵際に追い詰められていたクンルンが、3-1 のスコアで、
昨季の覇者・メタルーグMgを下し、初めての白星を手にしました!





7100人のファンが見つめる前で、
中国のチームがプレーオフで初勝利!

KHLの歩みにとっては、文字どおり、56年前に初めて有人宇宙飛行に成功した
ユーリィ・ガガーリン氏並みの快挙 !!」
と言えるかもしれません(ちょっと大げさ !?)




尚、第5戦は、再びマグニトゴルスクに舞台を移し、明日の夜に行われます。






KHL | comments(0) | trackbacks(0)
2017.02.27
SAVE OF THE YEAR 2017 - 1st & 2nd CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

今年になってから 「GOAL OF THE YEAR」 は、4回ほどお届けしてきましたが、
こちらのシリーズ ↓ は、まだご覧いただいていませんでしたので、遅ればせながら、、、
「SAVE OF THE YEAR 2017」
の候補となるプレーを、二本立てで紹介しましょう!


いずれも昨夜(現地時間)に行われた NHL の試合中に飛び出したセーブシーンです。
ゴールクリーズ上でのプレーを、お見逃しなく !!


まずは、ナッシュビル プレデターズ の ライアン ・エリス 選手(黄#4)の、、、




鮮やかなスティックセーブ!



続いては、カルガリー フレイムス の マット ・ステイジャン 選手(白#18)の、、、




これぞ体を張ったグレイトセーブ !!


なかでも二人目のステイジャン選手は、(プレーの中でゴール前まで進んでいたからとは言うものの)
FWながら、身を挺してゴールを死守した姿に、チームの士気が一気に高まったようで、
ロードゲームが続く中、カルガリーは連勝を「4」に伸ばしました。




PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2017.02.27
One-Man Show
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

KHL のチャンピオンを決めるガガーリンカップ プレーオフ は、
イースタン カンファレンスのクォーターファイナル(CQF=1stラウンド)の第3戦が、
昨日(現地時間)4つのアリーナで行われました。


そのうち、ファンを沸かせたのが、
スカ サンクトペテルブルグの パベル ・ダツック 選手(FW・38歳 白#13)!

今季からデトロイトから祖国のロシアへ、活躍の場を移したダツック選手ですが、
思わず 「さすが!」 と、声が出てしまいそうな個人技を披露しました !!




ダツック選手の活躍もあって、スカは第1戦から3連勝。
CQF 突破まで、あと1勝としました。



一方、ダツック選手に勝るとも劣らない鮮やかなゴールを決めたのが、
クンルン レッドスターの ライナス ・ビデル 選手(FW・31歳 赤#55)


何はさておき、そのゴールを ↓ ご覧いただきましょう!




こちらは 「お見事!」 と、拍手を送りたくなってしまいそうですね !!


しかし、初めて北京で行われたプレーオフに訪れた7200人のファンの前で、
クンルンは白星を手にすることができず、第1戦から3連敗・・・。

土俵際まで追い詰められてしまっただけに、
明日の第4戦では、さらなる活躍が期待されます。





KHL | comments(0) | trackbacks(0)
2017.02.25
Team USA Name Guy Gosselin as New Head Coach
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

韓国の江陵(カンヌン)で開かれる、
の開幕まで、あと45日となりました。


注目は、何と言っても、一昨年のバッファロー大会に続く連覇を狙う アメリカ!

でしたが、今月2日(現地時間)に ジェフ・サウワー ヘッドコーチ(HC)が逝去(享年73歳)





USAホッケー(アメリカホッケー協会)は、
後任として、ギイ・ゴセリン氏 (53歳・写真右)の HC就任を発表しました。




新たな指揮官となるゴセリン氏は、2011年から15年まで、
サウワー前HCを支える参謀役として、アメリカ代表のアシスタントコーチを歴任。

現役時代には、アイスホッケーのプレーヤー(DF)として、
カルガリーとアルベールビルのオリンピックに出場。

1982年には(当時の)ウィニペグ ジェッツ(現アリゾナ コヨーテス)から、
ドラフト指名(全体159番目)を受けた経歴の持ち主です。




スレッジホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2017.02.25
HAT TRICK CELEBRATION
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

KHL のチャンピオンを決める「ガガーリンカップ プレーオフ」 は、
昨夜(現地時間)の試合をもって、全てのシリーズで、
カンファレンス セミファイナル(1stラウンド)の第2戦を、戦い終えました。


各シリーズの戦績を見ると、前々回の記事で紹介したトラクトールを除き、
他の7カードは、いずれも 上位チームが2連勝スタート!

レギュラーシーズンの上位チームは、第1戦と第2戦をホームアリーナで戦えるとあって、
“ホームアドバンテージ” を武器に、連勝スタートを飾ったチームが大半のようです。


プレーオフ前のプレビュー記事で紹介した クンルン レッドスター も、
「チーム創設初年度にプレーオフ進出!」を果たした勢いで、
昨季の王者 メタルーグ マグニトゴルスク(Mg) に挑みましたが、
あえなく連敗・・・。


欧米のプロリーグでの経験がある選手はもちろんですが、
明日から北京に舞台を移して戦うことができるだけに、
「プレーオフでは史上初めてとなる中国籍選手のゴール」を記録した
ザック ・ユエン 選手(FW・23歳)ら、中国系選手の働きも期待されます。



対してメタルーグMgは、2連覇へ向けて好スタート。

第2戦こそ、レギュラーシーズンの後半は、バックアップに回ることが多かった、
バシリー ・コーシェチキン 選手(33歳)を先発GKに起用したところ、
一時は逆転を許す時間帯もありましたが、最度逆転して白星を手にしました。

勝利の立役者となったのが、オスカー ・オサラ 選手(FW・29歳)




フィンランド出身のオサラ選手は、
ドラフト指名を受けてNHLでもプレーしたものの、定着することができず、
5季前から、自らのステージをKHLに改め、
3季前の途中にトレードされたメタルーグMgで、プレーをしています。


そんなオサラ選手が、第2戦では、まず第1ピリオドに、
「先制ゴールをゲット!」

さらに、試合が進み同点で迎えた第3ピリオドには、
「勝ち越しのショートハンドゴール!」


決勝点となった2点目のゴールだけで終わらず、
オサラ選手は、試合終了間際にもエンプティネットゴールを決めて、
ガガーリンカップ プレーオフでは、自身初めてとなる、
「ハットトリックを達成しました !!」


プレーオフで決めた値千金のハットトリックとあって、
チームメイトの クリス・リー選手が、メモリアルパックを拾ってくれただけでなく、
地元ファンからの ハットトリック セレブレーションが見られました !!





ホームチームの選手がハットトリックを達成した時には、
スタンドのファンが「ハット」(ならぬ、ほとんどはキャップですけれど)をリンクへ投げ入れて、
3得点の活躍をした選手を称えるのが、一般的な光景になっています。
(★ くわしくは こちらの記事 をご覧ださい)


北米のプロリーグに比べると、ちょっとさびしいですけれど、
KHLのファンの間にも、少しずつ定着してきている模様で、いくつか帽子が飛んでいましたが、
リンクに投げ込まれていた帽子の中には、思わぬ物があったのに、気づかれましたか?


気づかれなかった方は、もう一度、ゴールが決まったあとのシーン ↓ をご覧ください!




「オレンジ色をしたキツネの頭が落ちている !!!」



ひょっとすると、、、
「メタルーグMgのマスコットも、

帽子の代わりにリンクへ投げ込んだ !!」
のかもしれません???







真偽のほどは確かではありませんけれど、
昨季の王者は強さを存分に見せつけて、北京へ乗り込みます。

チーム創設以来、メタルーグMg相手に、未だ白星を手にできずにいるクンルンは、
どのように立ち向かうのでしょうか?



KHL | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2 / 395 >>
__