加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2017.09.10
ASSIST OF THE YEAR 2017
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

創設10年目となる KHL のレギュラーシーズンは、
6年前の航空機事故によって、選手とスタッフを合わせた全37名が尊い命を落とした、
ロコモーティブ ヤロスラブリの大惨事
が起こった9月7日(現地時間)に、
今年も全てのチームが試合を行わず、犠牲者を悼みました。





一夜明けた翌日からは、各チームが激しい戦いを繰り広げていますが、
激しさの一方で(旧ソ連時代ほどではないにしても)“ロシアホッケーの醍醐味” と言える、
華麗なプレーが見られるのも、KHLの魅力の一つ。

そこで、今日の「語りべ」通信では、
ロシアホッケーの華麗なパスワークを、ご覧いただきましょう!


まずは、カザフスタンから唯一KHLに参加している、
パリス アスタナ(白いジャージ)の得点シーン !!




TICK-TACK-TOE(チック・タック・トー) と呼ばれる、
テンポの速いパス回しからの得点でしたね!



しかし! これくらいで驚いてはいけません !!

「シベリアのライバル」と呼ばれる昨夜の「シビル ノボシルビスク vs アバンガルド オムスク」戦で、
ノポシピルスク(青)が披露した先制点は、、、





パワープレーで数的有利だったとは言うものの、
オンアイスの5人全員がパックに触って、
「TICK-TACK-TOE and FOUR-FIVE」と呼びたくなる(笑)見事なパスワーク!

アイスホッケーの試合では、最大二人しかアシストが記録されませんが、
ダブルアシストだけでは収まらない華麗なプレーですね。




PLAY OF THE YEAR | comments(2) | trackbacks(0)
2017.08.31
SAVE OF THE YEAR 2017 5th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

10年目のシーズンを迎えた KHL は、開幕から10日を経過したばかりながら、
ファンを沸かせるスーパープレーが続出しています。

一週間前の「語りべ」通信では、GOAL OF THE YEAR の候補となるプレーを紹介しましたが、
今日は、こちらも新シーズンになって初めてとなる、
の有力候補を、ご覧いただきましょう!





「スコアだ!」とスタンドのファンが、思わず総立ちになったほどの決定的なチャンスに、
メタルーグ マグニトゴルスクの ワシリー・コシェチキン 選手が、
スティックを使ったスーパーセーブを披露して、得点を阻みました!



昨季はファイナルでスカ サンクトペテルブルグに敗れ、
ガガーリンカップ獲得こそならなかったものの、ベストGKに選出されたコシェチキン選手。

身長200cm 体重110kg超大型ゴーリー は、
2季ぶりの王座奪還を目指すマグニトゴルスクにとって、
文字どおり、「大きな存在」となりそうです !!




PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2017.08.24
GOAL OF THE YEAR 2017 - 6th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

ホッケーシーズンは新たな年を迎えましたが、新シーズンになって初めてとなる、
をお届けします!


今季最初の GOAL OF THE YEAR の有力候補は、開幕したばかりの KHL の試合で見られた、
バレンティン・ピヤノフ 選手(アバンガルド オムスク)のゴールです。





アイスホッケーの試合では「3秒あれば1点とれる」とも言われていましたが、
(フェイスオフのポジションによっては)「1秒あれば1点とれる」 ようですよ!



PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2017.05.17
SAVE OF THE YEAR 2017 4th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

ドイツのケルンと、フランスのパリを舞台にして、
今月5日(現地時間)から行われている世界選手権(トップディビジョン)」は、
8チームずつ、2つのグループに分かれて総当たりしたリーグ戦が、昨夜で終了しました。

今日の「語りべ」通信は、世界一を目指す戦いの中で見られた、
「SAVE OF THE YEAR 2017」
の有力候補をご覧いただきましょう!






どのようなプレーかと言うと、
ドイツ代表の フィリップ ・グルバウワー 選手(ワシントン キャピタルズ)が、
スタンドを沸かせたスティックセーブ!

試合終盤には1点差まで詰め寄られただけに、文字どおり勝敗を左右するプレーとなりました。


グルバウワー選手の活躍で、決勝トーナメントの最後のイスを争っていたラトビアを下し、
ドイツは準々決勝進出。

次は3連覇を目指すカナダとの対戦になりますが、地元開催とあって大声援が期待できるだけに、
アップセット劇を演じられるでしょうか?


ところで、「グルバウワー」 という名前に、
「どこかで見た記憶があるなぁ」と思われた人も少なくないでしょうが、
グルバウワー選手は、昨年9月の「ピョンチャン オリンピック最終予選」で、
日本相手にシャットアウトを演じるなどして、出場権獲得に大きく貢献した選手。


来季からNHLに加盟するベガス ゴールデンナイツの初代守護神になる !?
だと目されているGKとあって、注目が集まりそうですね!

どんな選手だろう? と気になる方は、下記のリンク ↓ からご覧ください。

【参照記事】








PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2017.04.10
GOAL OF THE YEAR 2017 - 5th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのレギュラーシーズンが、昨夜(現地時間)で終了。

プレーオフに進む16チームも出揃い、
スタンレーカップを目指しての戦いが、明後日から始まるのを前に、
をお届けします。


レギュラーシーズン終盤の試合の中から「語りべ」が紹介するゴールは ↓ こちらです!




「パックよりも先に本人がゴール!(笑)」

滅多に見られないシーンですよね。


ゴールを決めた ジョナサン ・フバドー 選手は、
フロリダ パンサーズのオフェンスの中心選手として期待されながら、
アキレス腱の手術を受けた影響から、1月末まで欠場を強いられただけに、
来季は2季ぶりのプレーオフ進出へ向けて、大暴れして欲しいですね。


★ 本日の小ネタは・・・
続きを読む >>
PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2 / 7 >>
__