加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2017.01.08
UNFORGETTABLE HOCKEY GAME
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

どんな新年を迎えましたか?

お正月には多くのスポーツイベントが行われましたが、
NHLは元日(現地時間)に、創設100年を期した「センテニアルクラシック」を。

NHLさん(@nhl)が投稿した写真 -




さらに翌日にも「ウインタークラシック」と銘打ったアウトドアゲームを、二日続けて開催しました。






出場したのは、日頃からハードなトレーニングを積み重ねている現役プレーヤーのみならず、
リタイアしてから、しばらく(orかなり)経ったOBの姿も。。。




ともに4万人以上のファンが詰め掛け、“真冬のアウトドアゲーム” を堪能したようですけれど、
どちらの試合も、写真や動画を見るだけで、寒くて体が震えてきそうですねぇ(苦笑)




ところで、既に「語りべ」通信で紹介したように
来季の「U20世界選手権(トップディビジョン)」の試合を、
バッファロー(アメリカ ニューヨーク州)のフットボウルスタジアムで行う(予定)など、
NHLに限らず、北米のホッケーファンは、
アウトドアゲームを観戦する機会が、増えてきたようです。


昨夜、そのような機会に恵まれたのが、
カリフォルニア州ベイカーズフィールドのファンたち!


エドモントン オイラーズのアフィリエイトチームで、
AHLに加盟している ベイカーズフィールド コンドルズが、

地元の大学が所有する2万人収容のスタジアムにリンクを設け、

アウトドアゲームを開催 しました!




対戦相手のオンタリオ レインは、ロサンゼルス キングスのアフィリエイトチームとあって、
エドモントンにも、ロサンゼルスにも在籍した ウエイン ・グレツキー 氏や、、、




ロブ ・ブレイク 氏ら、ホッケー殿堂入りを果たしたOBがやってきて、
いよいよ 「フェイスオフ!」 となったのですが、、、


試合が進むにつれて、生憎のお天気に・・・





「氷上の格闘技」ではなくて、
これでは(競艇ではないですけれど)「水上の格闘技」ですね・・・(苦笑)



幸いに途中から雨も弱まり、試合は最後まで行われ、
オーバータイムの末、ベイカーズフィールドが勝利しました。


選手はもちろん、1万2000人を越すスタンドのファンも、悪天候に遭って大変だったでしょうけれど、
きっと忘れることのないホッケー観戦となったはずですね!


尚、試合の模様は、下のハイライト動画でご覧いただけます。







アイスホッケー | comments(2) | trackbacks(0)
2016.12.15
DYK ? <TRIVIA of ALL JAPAN CHAMPIONSHIP>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アイスホッケーの日本一を決める「全日本選手権」が、明日開幕します。

84回目となる今季の大会は、長野市のビッグハットが舞台となりますが、、、


【Did You Know?】

長野で全日本選手権が開催されるのは

12季ぶりである

ことをご存知でしたか???


12季ぶりにビッグハットを舞台に行われる “アイスホッケー日本一決定戦” の幕開けを前に、
今大会で見逃すことのできない三人のキーパーソンがいます!


その三人のストーリーは、、、

明日から長野を舞台に

をご覧ください。


もちろん、ご当地出身の ↓ この選手も紹介しています!

Hiroki Ueno



◆ photo by Ice Hockey Stream.NET






アイスホッケー | comments(2) | trackbacks(0)
2016.12.11
NEW BATTLE of ALBERTA
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事で紹介したとおり、ホリデイシーズン真っ只中の北米では、
マイナーリーグやトップジュニアリーグのチームが、「テディベアトス」を開催しています。

   ★ 「テディベアトス」って何? という方は、こちらの記事をご覧ください。




週末を迎え、昨日(現地時間)も多くのアリーナで、
ホームチームの先制ゴールが決まった瞬間に、スタンドからテディベアが投げ込まれましたが、
なかでも例年にも増して、大いに盛り上がったのは、
WHL(ウエスタンホッケーリーグ)の エドモントン オイルキングス です!



どうして、例年にも増して大いに盛り上がったのかと言うと、
昨季までのホームアリーナ(レクソールプレイス)が、その役割を終えたため、
(ジュニアチームではありますけれど)オイルキングスは、
NHLのエドモントン オイラーズともに、ダウンタウンエリアに新設された ロジャーズ プレイスで、
今季からホームゲームを開催しています。



オイラーズには、ウェイン・グレツキー 氏がいた頃から応援している!
という熱心なオールドファンも多く、たたでさえチケットの入手が困難なところに、
NHL史上最年少(19歳266日)でキャプテンに就任した コナー ・マクデイビッド 選手をはじめ、
注目度の高い選手も増えてきたとあって、超プレミアチケットに。


そこでエドモントンのファンは、
「NHLの試合はテレビで観戦して、WHLの試合に行こう!」
と考える人が多い模様で、例年より増して、オイルキングス戦が大入りとなっています。

(古い話になりますが、東京ドームが完成した年に、巨人戦は高いから社会人野球に行こう!
という人たちで、都市対抗野球が満員札止めになったのと同じですね)



昨夜に行われたロジャーズプレイスで、初めてのテディベアトスゲームには、
「18102人」もの観衆が詰め掛け、チケットはソールドアウト!


そして気になるテディベアの数は、、、「13942個」 でした。





同じくWHLに加盟しているカルガリー ヒットメンが樹立した、
「28815個」
には、さすがに及びませんでした・・・。

しかし、以前の記事で紹介したように
NHLでは、ともにアルバータ州をホームとするカルガリー フレイムスと、エドモントン オイラーズが、
「バトル・オブ・アルバータ」
と呼ばれ、屈指のライバル関係となっています。


カルガリーヒットメンと、エドモントンオイルキングスも同様で、
両チームのライバルバトルは、WHLでも屈指!


それだけに、ホッケーだけでなく、テディベアトスで投げ込まれたクマの数で競い合う、
「新たなバトル・オブ・アルバータ」
がヒートアップしていくかもしれませんよ〜









アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2016.12.09
世界で一番 “もってる” アイスホッケー選手!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

2016年も残り少なくなりましたが、クリスマスも近づいてきたホリデイシーズンは、
一年前の記事で紹介したように「テディベアトス」 が、
北米のマイナーリーグや、メジャージュニアリーグなどの試合で行われます。

   ★ 「テディベアトス」って何? という方は ↓ こちらの記事をご覧ください。
 

 

 

 

各地でテディベアトスゲームが行われる中から、
今日の「語りべ」通信では、この選手を紹介しましょう。

キッチナー レンジャーズのFW コナー ・バンナメン 選手(18歳)です!




上の写真をご覧いただいて、お気づきかと思いますが、
フィラデルフィア フライヤーズが、昨季のドラフトで4巡目(全体109番目)に指名。

まだ契約には至っていないため、
今季もメジャージュニアリーグのOHL(オンタリオホッケーリーグ)で、プレーをしています。


そんなバンナメン選手が在籍するキッチナーが、
昨夜(現地時間)ホームアリーナで、テディベアトスゲームを開催。

世界記録(28815個)までは、さすがに及びませんでしたが、
それでも 「10527個」 ものテディベアが、スタンドからアリーナへ投げ込まれました!




ホームチームの先制点となる テディベアトスゴール をゲットしたのが、
他ならぬ、バンナメン選手!(ゴール前の白いジャージ#74)




実はバンナメン選手は、昨季のテディベアトスゲームでも(赤#74)、先制ゴールをゲット!


「2年続けてテディベアトスゴールを決めた

世界で一番 “もってる” アイスホッケー選手!」
と呼んでも過言ではないプレーヤーです !!


これからバンナメン選手が、どんな活躍を見せてくれるのか !?

キッチナーやフィラデルフィアのファンでなくても、見逃せませんよ!





アイスホッケー | comments(2) | trackbacks(0)
2016.11.17
MASKED MADNESS
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLと同様に、一つ下のリーグとなる AHL も、
開幕から1か月を過ぎて、レギュラーシーズンが中盤戦に入りました。

今季の AHL は、クリスマスブレイクを境に、
ホームジャージとビジタージャージを入れ替える “お色直し” を導入し、
チームジャージなどのグッズ販売アップを目ろんでいます。



NHLのアフィリエイトチームが揃う “トップマイナーリーグ” と言っても、
チームの運営は左うちわ! というわけでなく、
このようにアイディアを駆使したプロモーションを、リーグとチームが打ち出して、
金をかけずに収入アップ の戦略を練り続けています。


そんな戦略の一環として、先月から行われてきたのが、



仰々しいタイトルが名づけられていますが、内容は至ってシンプルに、
「ゴーリーマスクの人気投票!」

AHLさん(@theahl)が投稿した写真 -





各チームのGKから選んだゴーリーマスクを、
ソーシャルメディアを使ったファンの人気投票を基に、トーナメント方式で行われてきましたが、
チャンピオンが決まりました!

ツーソン ロードランナーズ の エーディン・ヒル 選手! の、、、




ゴーリーマスク です !!





一昨年のドラフトで、アリゾナ コヨーテスから3巡目(全体76位)で指名され、
昨季の終盤にプロ契約を結んだヒル選手。


まだNHLでの試合出場はありませんが、
長年にわたって守護神の座に君臨している マイク ・スミス 選手と同じく、
長身(身長193cm)を武器に、ジュニア時代から注目を集めたゴーリーだったというだけに、
ゴーリーマスクではなくて、プレーが話題になる日も近いかもしれませんね。




ところで、もしもアジアリーグで、
MASKED MADNESS
を開催したら、どのゴーリーがナンバーワンに輝くでしょう?


ちなみに、5年前には ↓ このようなゴーリーマスクでプレーした選手もいましたけれど・・・

Kazuhiko Kiyokawas Funny Mask



このマスクを使った選手は誰か !? は、こちらの記事 でご確認ください。




アイスホッケー | comments(2) | trackbacks(0)
<< 2 / 62 >>
__